お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

亜蓮



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

亜蓮(あれん、2000年5月13日 - )は、日本の俳優、歌手、ダンサーである。東京都出身。スターダストプロモーション芸能1部所属。

略歴

2008年にスターダストプロモーションに入所。

2010年、蜷川幸雄演出の舞台彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー六世』のラトランド役で舞台デビュー。蜷川からは、当初「ゆっくり 大人になりなさい」などと言われていたが、その後「まだちびだな!」「いそげ!」と声をかけられるようになったことを明かしている。 またジャーナリスト阪清和は亜蓮の演技に対し「その年齢では決して出せない凄みのようなものが宿っていて、目が釘付けになるほどだった。」と述べている。

2011年からスターダストプロモーション主催のEBiDAN(恵比寿学園男子部)に所属。

2012年、第25回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門に、主演映画『あかぼし』がノミネートされる。監督の吉野竜平は、亜蓮の起用に関して、オーディションの場における演技要求に対し「他の子とまったく違うアプローチ」をした点が決め手となったことを挙げている。 また阪は「あくまでも透明な目で親を宗教団体を見つめる保の、やるせなさと少年ならではの覚悟を感じさせる演技は、同世代では群を抜いていると言われるだけのことはある。」と述べている。

2014年、ムジカ・ピッコリーノ(NHK教育テレビ)第3話『ガタンゴトン』にてダンサーとしての出演を果たす。

2014年、EBiDAN TOKYO 39の新ユニット「EBi侍」メンバーに選抜された。その後、新ユニット「けもパン5」及び「EBi心.com」のメンバーにも選ばれている(詳細はEBiDAN#EBiDAN 39&KiDSと派生ユニットを参照)。

2014年、舞台『56W.X〜ぼくのサンタクロース〜』で長期の舞台では初の座長を務める。

2017年、EBiDANからの卒業を表明。

出演

個人での活動のみ。EBiDAN TOKYO 39のメンバーとしての活動はEBiDAN#EBiDAN 39&KiDSと派生ユニットに記載。

テレビドラマ

  • スイッチガール(2011年、フジテレビTWO)神山新(幼少期) 役
  • 35歳の高校生(2013年、日本テレビ)阿久津涼(幼少期) 役
  • 天国の恋(2013年、フジテレビ)長沢友也 役
  • Dr.DMAT(2014年、TBS)八雲響(幼少期) 役
  • 三匹のおっさん2 第5話(2015年、テレビ東京)田中光一 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。