お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

モーリス・ベジャール



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

モーリス・ベジャール(Maurice B?jart, 1927年1月1日 - 2007年11月22日)は、フランスのバレエの振付家。マルセイユに生まれる。父は哲学者ガストン・ベルジェ。

スイスのローザンヌでベジャール・バレエ・ローザンヌを主宰。

略歴

1941年、マルセイユでバレエのレッスンを始める。ロシア・バレエ団のダンサー・振付家として有名なセルジュ・リファールの踊りから強い影響をうけたという。南仏時代に、ロシア大公の愛人としても有名なバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤの指導も受けた。

1945年、マルセイユのオペラ座にコール・ド・パレエとして入団。

1946年から、パリのスタジオ・ワッカー等で、ルーザンヌ・スターキシアン、レオ・スターツ、リューボフ・エゴロバ、オリガ・プレオブラジェンスカヤらに師事。同年、初めての振り付け作品『小姓』を発表。1948年、ローラン・プティのバレエ・ド・パリで、イヴェット・ショヴィレ、ジャニーヌ・シャラらと共演、さらにロンドンでヴェラ・ヴォルコヴァに師事 。

1950年、スウェーデン映画『火の鳥』の振り付けを行う(舞台版とは異なる)。

1951年にクルベリバレエ団に入団するが、翌年兵役のため帰国。1954年にジャン・ローランとともにエトワール・バレエ団(1957年にバレエ・テアトル・ド・パリに改称)を結成。

1959年に鹿の交尾から着想を得たといわれる『春の祭典』が成功を収め、翌1960年にはベルギーの支援を得て20世紀バレエ団を結成する。この年発表した『ボレロ』は、ディスカ・シフォニスが海から上がってくる様子を見て彼女のために振付けたといわれている。円卓の上でソリストが旋律を踊り、群舞がそれを取り囲むようにリズムを踊るこの作品は、ジョルジュ・ドンがメロディを踊ったクロード・ルルーシュ監督映画『愛と哀しみのボレロ』で不朽の名声を得る。

1987年に本拠をスイス・ローザンヌに移し、ベジャール・バレエ・ローザンヌを創立。

東洋の思想や日本文化への関心も高く、東京バレエ団に三島由紀夫をテーマにした『M』、『仮名手本忠臣蔵』を下にした『ザ・カブキ』などを振付けている。歌舞伎役者とも積極的に交流した。

2002年には自身が設立したルードラ・バレエスクールの若手によるカンパニーMを結成。 同年ドキュメンタリー映画『ベジャール・バレエ・リュミエール』が制作された。2007年11月22日、スイス・ローザンヌの病院で死去。80歳。

賞歴

  • 1974年、エラスムス賞
  • 1986年、勲三等旭日中綬章受勲
  • 1993年、第5回高松宮殿下記念世界文化賞
  • 1999年、京都賞思想・芸術部門

主な作品


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
18名限定!S席10,000円 → 7,900円 さらに100Pゲット!
2017年12月16日 (土) 〜
2017年12月17日 (日)
東京文化会館(大ホール)