お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードでリゾートを満喫♪宿泊補助券1万円分×5名様をプレゼント!

笠谷和比古



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

笠谷 和比古(かさや かずひこ、1949年8月15日 - )は、日本の歴史学者。国際日本文化研究センター名誉教授。専攻は日本近世史・武家社会論。博士(文学)(京都大学、1994年)(学位論文「近世武家社会の政治構造」)。

略歴
兵庫県神戸市出身。甲陽学院中学校・高等学校|甲陽学院高等学校卒業、1973年京都大学文学部史学科卒業、78年同大学院文学研究科国史学専攻博士課程単位取得退学、国文学研究資料館史料館助手 (教育)|助手、1988年『主君「押込」の構造』でサントリー学芸賞を受賞、1989年国際日本文化研究センター助教授、96年教授、2015年定年退官、名誉教授、帝塚山大学教授、2016年退職。1994年「近世武家社会の政治構造」で京都大学文学博士。

人物
* 江戸時代の政治史研究を通じて、従来の歴史像を打破する新たな歴史観を提唱。特に、大名家(藩)における主君「押込」の慣行の発見をとおして、従来の武士道観、忠義観を大きく変革する業績をあげた。また関ケ原合戦研究において、家康率いる東軍主力が徳川軍ではなく、家康に同盟した豊臣系武将たちの軍勢であったことを実証し、同合戦に続く大坂の陣や幕藩体制の理解をめぐって再検討を提起している。
* クラシック音楽に造詣があり、著書『伝統文化とグローバリゼーション』には日本の能・文楽・歌舞伎に対する実践的取り組みとともに、ワーグナー楽劇の評論も記している。
* 一般社団法人・国際芸術文化アカデミー会長。

著書

単著
* 『主君「押込」の構造―近世大名と家臣団』(平凡社選書 1988年、講談社学術文庫、2006年)
* 『近世武家社会の政治構造』(吉川弘文館 1993年)
* 『士(サムライ)の思想―日本型組織・強さの構造』(日本経済新聞社 1993年、岩波書店同時代ライブラリー、1997年)
**『士(サムライ)の思想−日本型組織と個人の自立』(ちくま学芸文庫、2016年)
* 『関ヶ原の戦い|関ヶ原合戦』(講談社選書メチエ 1994年、講談社学術文庫、2008年)
* 『徳川吉宗』(ちくま新書 1995年)
* 『近世武家文書の研究』(法政大学出版局 1998年)
* 『「日暮硯」と改革の時代 恩田民親|恩田杢にみる名臣の条件』(PHP新書、1999年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。