お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

市村正親



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本の俳優、舞台俳優、声優。埼玉県川越市出身。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。妻は女優の篠原涼子。

人物

父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいた。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』)』の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。翌年、正式に劇団四季へ入団。『エクウス』では、全裸での演技が話題となった。『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも、1990年に同劇団を退団。

退団後はミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など様々なフィールドで活躍。名ミュージカル俳優と称されるほど演技水準は高く、『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役では「世界一のエンジニア」と言われるほどのエンターテーナーぶりを見せた。

パーマをかけた髪形が特徴。歌唱力については本人も認めるほどの悪声で恵まれているとは言えないものの、いざ舞台に上がればそれを補って余りある存在感と演技力を発揮する。

1984年、劇団四季の女優・八重沢真美と結婚したが、2003年5月に離婚。

1989年、『第40回NHK紅白歌合戦』に歌手として出場した。この時の曲は「オペラ座の怪人」。

2001年に彩の国シェイクスピア・シリーズの『ハムレット』でハムレット役を演じた際、共演した篠原涼子と知り合い、2005年12月に再婚。2008年5月に第一子となる長男が誕生。市村は59歳で父親となった。2012年2月に第二子となる次男が誕生。

2007年4月、長年の功績を称えられ紫綬褒章を受章。

2008年4月、TBS系の番組『THE世界遺産』のナレーターに起用される。

俳優として活動する傍ら、岩谷時子音楽文化振興財団の評議員を務めている。

2014年7月、初期の胃がんにより出演中だった『ミス・サイゴン』を降板。代役は筧利夫が務めた。また主演予定だったテレビドラマ『おやじの背中』最終話も降板し、代役を小林隆が担当した。

2015年9月、舞台『NINAGAWA マクベス』出演中に右ひざ半月板を損傷。降板せず、公演終了を待って10月21日に手術を実施。11月上旬にミュージカル『スクルージ〜クリスマス・キャロル〜』の稽古から仕事復帰。

『古畑任三郎』(フジテレビ)にゲスト出演(犯人役)して以降、たびたび三谷幸喜作品には起用されている。

出演(舞台)

出演(俳優)


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
NEWS

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,000円
A席:8,000円
B席:4,000円
(全席指定・税込)
2018年3月9日 (金) 〜
2018年3月31日 (土)
日生劇場
2018年3月上演決定!