お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

みうらじゅん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia





みうら じゅん (1958年2月1日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。本名、三浦 純。京都府京都市生まれ。血液型:AB型。。妻はシンガーソングライターのbird (日本の歌手)|bird。
東山中学校・高等学校|東山高等学校、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。
職業については、随筆家|エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオディスクジョッキー|DJ、編集長、著作家|ライター、解説者など幅広い分野で活動しており、公表している職業は「イラストレーターなど」。

来歴

デビューまでの経緯
小学生時代から仏像と怪獣が好きな少年で、京都や奈良の仏像をめぐる。仏像が好きすぎて仏教系の学校に入学したが、途中でエロに興味が出て仏像に飽きる。仏像が好きな理由は、怪獣のように見上げる迫力があったからだという。
高校時代から絵描きを目指し、2浪後に武蔵野美術大学に入学する。在学中から、友人が糸井重里の事務所に勤めていたため、特に何をするでもなく入り浸り、糸井が「タダでイラストを仕上げる奴がいる」と紹介し、カットの仕事をもらっていた。

1980年代
1980年に『ガロ (雑誌)|ガロ』誌上でデビュー。『ガロ』に持込をしたのは、他に掲載させてくれる雑誌はないと周囲に言われ判断したためだが、それでも当時編集長の渡辺和博の判断で何度もボツになった。デビュー作の「うしの日」も、一旦はボツになったが、その後、渡辺と親交の深かった糸井の「載せてあげれば?」の一言で掲載された。
1982年には講談社の発行する『週刊ヤングマガジン』のちばてつや賞で佳作を受賞する。以後、『ビックリハウス』や『宝島 (雑誌)|宝島』などの各雑誌で、関西ネタや怪獣ネタのエッセイやイラストレーション|イラストを執筆する。。
1980年代後半からテレビ・ラジオでの出演も増え、多彩な活動を見せ始め、1989年には『三宅裕司のいかすバンド天国|いかすバンド天国』に喜国雅彦、滝本淳助(写真家)らと「大島渚 (バンド)|大島渚」(由来は同名の映画監督の大島渚より)という名のバンドを結成し出演した。

1990年代


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定席:3,500円(税込/ワンドリンク付き)
2016年11月23日 (水)
恵比寿ガーデンプレイス
ザ・ガーデンホール

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
32名限定!3,500円(全席指定・ドリンク付き・税込) → 3,200円さらに100Pゲット!
2016年11月23日 (水)
恵比寿ガーデンプレイス
ザ・ガーデンホール