お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

檀れい



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


檀 れい(だん れい、1971年8月4日 - )は、日本の俳優|女優で、元宝塚歌劇団月組 (宝塚歌劇)|月組、星組 (宝塚歌劇)|星組トップ娘役である。本名、及川 まゆみ(おいかわ まゆみ)。旧姓、山崎。愛称はだんきち、だんちゃん、まゆみ、だん(宝塚歌劇団時代)、タン・リー(中国公演時)。
松竹エンタテインメント所属。芸名は自身の本名である「まゆみ」と同音の樹木・マユミ|檀(マユミ)に由来し、「マユミは良くしなるので、マユミのように何でも柔軟な姿勢でどんな役でもこなせるように」と言う意味が込められている。これに間性|中性的な名前の「れい」を付けた。夫は歌手・俳優の及川光博。

来歴・人物
兵庫県温泉町(現在の新温泉町)に生まれる。幼稚園時代に学芸会で褒められたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。温泉町立温泉中学校、兵庫県立浜坂高等学校を卒業。
1990年、宝塚音楽学校入学。1992年、宝塚歌劇団78期生|第78期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は40番(最下位)。雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏む。
1993年に月組に配属後、1997年に雪組 (宝塚歌劇)|雪組に異動。それまで大きな役が付くことはなかったが、1998年『浅茅が宿』新人公演最後となる入団7年目で初めてヒロインに抜擢され、翌年より真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。2度の中国公演に参加し「楊貴妃の再来」という最大の賛辞が送られた。北京語でのソロも披露した。
2001年の真琴退団後は専科 (宝塚歌劇)|専科へ異動となり、外部出演等を経て、2003年には湖月わたるの相手役として、星組トップ娘役に就任。『王家に捧ぐ歌』のアムネリス、『花舞う長安』の楊貴妃などが当たり役となった。2005年、『長崎しぐれ坂』をもって退団した。
退団後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビューを果たす。日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。
2009年6月9日より舞台『ゼブラ』に4姉妹の次女役として出演予定だったが、鉄欠乏性貧血のため降板することとなった。
2010年3月30日より、日本放送協会|NHKで放送された『八日目の蝉 (テレビドラマ)|八日目の蝉』で、ドラマ初主演を務めた。
2011年7月27日、歌手・俳優の及川光博と結婚した。
2012年、宝塚歌劇団退団後初めてCDアルバムに参加した。参加したのは、遊佐未森のアルバム『淡雪(遊佐未森のアルバム)|淡雪』。
2015年2月26日、農林水産省の「日本食普及の特別親善大使」に任命。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台
* 1992年3月26日 - 5月12日、宝塚大劇場雪組公演『 この恋は雲の涯まで』
* 1992年7月2日 - 7月29日、東京宝塚劇場雪組公演『この恋は雲の涯まで』

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:12,000円
(全席指定・税込)
2016年11月4日 (金) 〜
2016年11月27日 (日)
明治座