お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

RMP



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

コンテンツ権利保護専用方式または地上RMP方式 (RMP : Rights Management and Protection) とは、デジタル著作権管理|DRMの一種で、地上放送RMP管理センターが運用・管理するコンテンツ保護の方式。日本の地上デジタルテレビ放送において、2012年8月より順次運用が開始された。
電波産業会の標準規格・技術資料において「コンテンツ保護方式」と定義されており、B-CASのARIB限定受信方式に対して、ARIBコンテンツ保護方式とも呼ばれる。

導入背景
B-CASは、日本におけるBSデジタル放送開始に併せて、BS等を通して放送される各種有料放送の限定受信を目的として導入されたが、後にコンテンツの保護を目的として、地上デジタル放送を含む無料民放等にも転用された。公正取引委員会は、これらのカード発行を私企業である B-CAS社が独占しており、特に新規参入を阻んでいる点が独禁法違反に当たる疑いがあると指摘していた。
上述の問題に加えて、ARIBに準拠しない、いわゆる無反応チューナー</ref>が登場した事から、既存のデジタル放送の暗号化に対する疑問が寄せられ、地上デジタル放送のコンテンツ権利保護に係る社会的コスト等の観点も絡めて。
これらの検討を踏まえて、地上デジタル放送のコンテンツ保護を担う新しい仕組みとして、地上RMP方式が導入された。但し、BSデジタル放送等の無料放送には利用されない。

B-CAS方式との比較
いずれも日本のデジタルテレビ放送で利用されるスクランブル方式である。当初のB-CAS方式は、有料放送を対象とした限定受信システム|限定受信を目的としており、後に無料放送等のコンテンツの権利保護等に転用された。これに対し、地上RMP方式は、当初より無料放送を主とした地上テレビ放送を対象としており、コンテンツの権利保護を主目的としている。

対象の放送
* B-CAS方式 : 日本における衛星放送#BSデジタル放送|BSデジタル放送、日本における衛星放送#東経110度CSデジタル放送|東経110度CSデジタル放送、地上デジタルテレビ放送
* 地上RMP方式 : 地上デジタルテレビ放送のみ

標準規格と技術資料
いずれも ARIB STD-B25、ARIB TB-14 等で標準化・規定される。

実装
B-CASがICカードを採用しているのに対して。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
・全席指定(前売):5,000円
1,000円割引!5,000円 → カンフェティ席4,000円!(税込)
2016年11月17日 (木) 〜
2016年11月28日 (月)
シアターグリーンBox
in
Box