お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

昔昔亭桃太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

昔昔亭 桃太郎(せきせきてい ももたろう、1945年5月20日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。長野県小諸市出身。本名は柳澤 尚心(やなぎさわ たかみ)。出囃子は『旧桃太郎の唄(納所弁次郎作曲の「モモタロウ」)』。

来歴・人物

当代は2代目とされているが、本人は「初代は鬼が島に行った人で、自分は3代目」と発言している(落語芸術協会のホームページや、本人のサインでは3代目となっている)。

先代は一字違いの昔“”亭桃太郎(読み同じ)で、当代も当初は「昔々亭」を名乗っていた。寄席の客からの通称は「桃ちゃん」。

主に新作落語を得意とし、そのユーモラスな内容と斬新な語り口で人気を博す。マクラでは、ダジャレで締める小咄(「山の遭難」「くさい芸人」「野球中継」など)をいくつか繰り出すのが通例となっている。

座布団の横に湯飲み茶碗を置くことが多い。一度口を湿らせたあと、「せこい茶碗だね、これじゃ田舎の田植えだよ」とぼやくギャグを繰り出す(ただし多くの場合、茶碗は自分で持参したものである)。

弟弟子の春風亭昇太などとの二人会も行っている(以前は三遊亭白鳥との二人会「桃白鳥」なども行った)。風貌が漫画家の赤塚不二夫に似ていて、自身もよくマクラなどでネタにする。

大の巨人ファンでもあり、枕に野球のネタを織り込むこともある。

略歴

  • 1965年6月 - 5代目春風亭柳昇に入門。初代春風亭昇太となる。
  • 1969年4月 - 二つ目昇進、春風亭笑橋となる。
  • 1980年10月 - 真打昇進、昔々亭桃太郎となる。
  • 1987年 - 昔昔亭に亭号を改める。

得意とする主な新作落語

  • 裕次郎物語 - 代表作。石原裕次郎と自身をとぼけた間で比較していく。
  • 歌謡曲を斬る - 昔の歌謡曲をあれこれ歌いながら、歌詞の矛盾を突く。
  • 金満家族 - 金が使い切れず困っているのに、さらに金が入り途方に暮れる金持ち家族の噺。
  • カラオケ病院 - 師・春風亭柳昇の作だが、独自にアレンジを施している。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
■渋谷らくご
大人2,300円 学生1,700円 高校生・落研1,000円 会員2,000円
■ふたりらくご
ひとりらくご 大人1,000円 学生700円 高校生・落研400円 会員900円
(税込)
2017年11月10日 (金) 〜
2017年11月15日 (水)
ユーロライブ

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
2階指定席:2,600円
(全席指定・税込)
2017年12月6日 (水)
日本橋公会堂

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:3,000円(税込)
2017年12月22日 (金)
成城ホール