お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

吉田豪



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉田 豪(よしだ ごう、1970年9月3日、インタビュアー、コラムニスト。「プロ書評家」、「プロインタビュアー」を自称している。古本(プロレス本、タレント本)およびタレント・グッズの収集家としても知られている。東京都練馬区出身。
徹底した事前調査を元にした有名人インタビューで知られている。

経歴
小学生の時に『国際映画社』『サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ』作品を初めとするアニメ好きとなり、古本でアニメ雑誌、レコードなどを購入して徹底研究。のちの古本購入、レコードCD収集人生のスタートとなった。なお、最初に買ったレコードは『宇宙戦士バルディオス』の挿入歌「立て!バルディオス」であった。
中学校二年次の時に、「アニヲタだとナメられる」「このままだとヤバイ」と感じてアニメグッズをすべて売り払い、『月刊ヤングオート』(芸文社)など書籍を読んで不良文化を研究し、アニメ好きの友人との関係を断った。また当時不良文化であったアイドルにはまり松本伊代、岡田有希子のファンとなった。
LAUGHIN' NOSEに出会ったのを契機にパンク・ロック|パンクにハマり、ハードコア・パンクのミニコミ『修羅』のスタッフとなる。この頃の経験から、パンクとそこから派生した音楽に詳しい。当時、最も影響を受けたバンドはREALであった。
高校卒業後、東京デザイナー学院の編集デザイン科へ進学。卒業制作で当時の学長の暴露本を制作するために清掃係の人に話を聞きに行くなどの綿密な取材をしていた。この頃より現在のスタイルを確立する。
また、在学中には反戦、反核、反オタクをテーマにするバンドを組み、MC5、スナッフ (バンド)|スナッフ、ジョニー・サンダース、アニソンのカバーでオタク批判の歌を歌ったり、漫画研究会のクイズ大会に殴り込みで参加し、優勝したりしたという。
就職活動を始めるが、DOLLを受けた際に違和感を覚え、音楽雑誌以外にも目を向けるようになる。ふゅーじょんぷろだくと発行の『コミックボックス』編集部に内定するも、内定を辞退して就職浪人となる。そして結局、編集プロダクションのアートサプライに入社。『VOW』(宝島 (雑誌)|宝島のコーナー)投稿選考主任、『ビデオボーイ』(英知出版)で杉作J太郎、平山夢明の原稿の書き起こしなどを務める。

紙のプロレス時代:1993-2004
入社から2年後、『紙のプロレス』(以下、紙プロ)と出会う。『紙プロ』がイベントを行った時に、ターザン山本と高田文夫のトークイベントの動員が悪かったため、サクラ (おとり)|サクラで来るよう言われ、イベント終了後、編集長に挨拶に行ったところ、そのまま『紙プロ』編集部まで連れて行かれ、朝まで仕事をさせられる。その報酬がよかったため、以後アルバイトで手伝うようになる。
後に『紙プロ』へ完全移籍。「プロレス用語大辞林」「日佐夫クン人生劇場 書評の星座」などのコーナーを担当する。この時期に、従来の漫画評論で無視されていた梶原一騎のダークな作品を論じた『マンガ地獄変』(水声社)にメイン・ライターとして参加。
1996年、発行会社のダブルクロスが分裂し、『紙のプロレス RADICAL』になって以降は、紙プロの編集部に机を置きながらフリーライターとして活動。『ブブカ (雑誌)|BUBKA』(コアマガジン)『ダカーポ (雑誌)|ダカーポ』(マガジンハウス)など、30本前後の連載を抱える人気ライターとなる。
『紙のプロレスRADICAL』は、SWSの再評価など他の専門誌が扱わないレスラー、団体にスポットを当て、当時の業界の権威であった新日本プロレスや週刊プロレスにアンチを唱える姿勢で、タブーの少ない雑誌としてカルト的な人気を博した。
編集長の山口日昇がPRIDE (格闘技イベント)|PRIDEに運営に関わる様になって以降、利害関係ができてしまい、「紙プロはドリームステージエンターテインメント|DSEの機関紙と揶揄される」ほどPRIDE一辺倒の雑誌になった。吉田はこれに対して、誌面で行なわれる山口との対談などで批判的なスタンスを取りバランスを取る役割を担っていた。
2004年、紙プロで会いたかった 〜向井亜紀・代理母出産という選択〜|あるプロレスラーの妻の本を書評した際、山口に呼び出されて高田延彦|そのプロレスラーから叱責を受けることとなる。吉田は、これを「パートナー変更宣言だった」「今まで普通にできていたことがPRIDEとの利害関係が生じて、できなくなってしまったから起こった事件」と述べている。他の編集部員は吉田の残留を望んだが新しい事務所に移転時、山口の妻から吉田の机を置かないことを告げられ、紙プロを去る。
山口とは2012年2月に紙プロの後継紙KAMINOGEにて対談を行った。山口はPRIDEの運営に入り込んだ結果、億単位の借金を負ってしまい「今となっては豪ちゃんの言う通りかもな、ホントに…」と語っている。

完全フリー

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。