お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

Kazu



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蜉蝣(かげろう)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所はフリーウィル、所属レーベルはLizard。

概要

1999年9月結成。2007年1月、Zepp Tokyoでのワンマンライブを以て解散。インディーズバンドであるが、会場限定販売のデモ・テープや限定盤を完売させるなど、シーンでの認知度は高く、2005年にはシングル「腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君」が、オリコンメジャーチャートで21位を獲得した。

メンバー全員が作曲しており、アルバムなどでは各メンバーの曲が収録されていた。音楽性はハードロックを基調とした重い曲から、アコースティック調のバラードまで幅広い。作詞はほぼ大佑が行っているが、本人曰く「恋愛を基調とした」バラードや後ろ向きな気持ちを歌ったものから、エロスやエログロをテーマとしたものまでこれもまた幅広く手掛ける。

バンド名のテーマは「儚さ」。これはボーカルの大佑が抱える心臓疾患からきている。

主なローディとして、baroque、kannivalismの圭、SCREWの鋲、girug?meshの愁がいる。

2006年、アルバム「黒旗」のリリース以降バンド活動をどうするかを話し合った際、「蜉蝣としての活動が完全に煮詰まった」と判断したメンバー全員の意見により、翌年1月を以て解散となった。

解散後もメンバーの仲が途切れたわけではなく、大佑は「タイミングが合えば蜉蝣の復活もあり得る」と語っていた。しかし、その大佑が2010年7月15日に急逝。翌年に新木場STUDIO COASTで行われた大佑の一周忌追悼公演「漆黒の光」では、ユアナ、kazu、静海が蜉蝣としてステージに立ち演奏した。

メンバー

  • Vocal: 大佑(だいすけ、1978年7月30日 - 2010年7月15日)
    • 東京都出身、A型。
    • Fatimaのドラムを経てDIR EN GREYの京の助言でヴォーカリストに転向、蜉蝣を結成する。 解散後、deadmanのギタリストaieらと共にthe studsを結成。2010年4月からはソロ活動をスタート。2010年7月15日逝去。
  • Guitars: ユアナ(1978年3月21日 - )
    • 青森県八戸市出身、A型。
    • 解散後、元beaUのジュンノ、元baroqueの晃、万作、元メトロノームのユウイチローとboogiemanを結成。
  • Bass: kazu(かず、1976年11月18日 - )
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。