お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

Joe Satriani



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani, 1956年7月15日 - )は、ニューヨーク州ロングアイランド出身のギタリスト。 身長172cm。

概要

主にギター・インストゥルメンタルを中心に作曲しており、出世作は1987年の『Surfing With The Alien』。 同作品によってサトリアーニはテクニックだけでなく、その音楽性においても高い評価を得た。

その技術は評価が高く、名ギタリストの1人として数えられる人物である。ミック・ジャガーの初来日公演に帯同したり、ディープ・パープルのライブで一時的にリッチー・ブラックモアの代役を務めたりと、大物ミュージシャンからも信頼されている。

自作曲のコンサートの他に、著名ギタリスト2人と競演する『G3』が有名で、2005年5月には初めての来日公演も行っている。 ジミ・ヘンドリックスに多大な影響を受けたと語っており、『G3』では楽曲のカヴァーも披露する。

昔は長髪だったが、現在はスキンヘッド。サングラスをかけてステージに立つが、これは「演奏中、目を閉じているのを観客に見られるのが恥ずかしいから」とのこと。

彼の曲はしばしばテレビ番組などでBGMとして使われ、『Summer Song』は最も有名な曲である。

スティーヴ・ヴァイ、カーク・ハメット、アレックス・スコルニック、チャーリー・ハンターにギターを教えた実績がある。

現在、元ヴァン・ヘイレンのサミー・ヘイガーとマイケル・アンソニー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスと共にチキンフットとしても活動中。

発?言

「決してインストゥルメンタル・プレイヤーになろうと思っていたわけでは無かったんだよ。ビッグなヴォーカルのあるロック・バンドの一員に本当になりたかったんだ。今までいくつかのオファーもあったけど、どれもイマイチだった。このCHICKENFOOTに出会うまでは!」

使用機材

メインギターは、アイバニーズのジョー・サトリアーニ・シグネイチャーモデル(JSシリーズ)。当初は22フレットのモデルのみであったが、後に24フレットのモデルが追加されている。ジョー曰く「マーケティングの必要に迫られて」とのこと。ドニー・ハントが手掛けた「Alien」や、ジョーの姉妹がペイントを施したものなど、カラフルなカラーリングを施したワンオフモデルや、ボディにメッキを施した「Chrome Boy」等、多種多様なモデルが存在する。

ジョーがアイバニーズのギターを使用するようになったころから愛用している「Black Dog」と彼が呼んでいるモデルは、元々黒いボディであったが、彼と彼の妻がボディに銀と紫のマーカーでグラフィティを施していた(時折塗り替えていたようである)。この「Black Dog」を再現したギターが限定発売されたこともある。

ピックアップは、ディマジオで、今までに彼の名を冠する製品が数種発売されている。

アンプとキャビネットは、現在はマーシャルで、JVMシリーズを基に改良が加えられた彼のシグネイチャーモデル。一時ピーヴィーのアンプを使用し、自身のモデルが発売されていたが、短期間の仕様に留まり再びマーシャルに戻っている。

エフェクトペダルは、永らくボスのDS-1やDD-2(3)、ジム・ダンロップの535Q、デジテックWhammyなどを使用していた。

ヴォックスからSatchurator(ディストーション)、Ice 9(オーバードライブ)、Time Machine(ディレイ)、Big Bad Wah(ワウ)といった彼のシグネイチャーペダルが発売されている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。