. ウルトラマンネクサス | Confetti [チケット情報満載]

お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ウルトラマンネクサス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia



『ウルトラマンネクサス』は、円谷プロダクションが製作し、2004年(平成16年)10月2日から2005年(平成17年)6月25日までCBCテレビ|中部日本放送・TBSテレビ|TBS系列で毎週土曜日の7:30 - 8:00(日本標準時|JST)に全37話が放送された、巨大変身ヒーロー特撮テレビ番組一覧|特撮テレビドラマの作品名と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。

概要
『ウルトラマンコスモス』から間を置いて開始されたテレビシリーズ。児童層を意識した前作から対象年齢層を上げることが目標とされ、大河ドラマ形式のシリーズ構成やウルトラマンの変身者が複数登場するなど、シリーズ初の設定が多く盛り込まれた<ref name = "宇宙船YB0661"></ref><ref name = "TVMAGA36"></ref>。制作局は『ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンコスモス』までのMBSテレビ|MBSからCBCテレビ|CBCに替わり、シリーズでは初めて午前に本放送された。またウルトラマンシリーズ初の地上デジタル放送でもある。

特徴
ウルトラマンの概念を一新する「ULTRA N PROJECT」の1つとして制作されたテレビシリーズで、中心となったスタッフ陣は映画『ULTRAMAN (映画)|ULTRAMAN』と共通しており、世界観も『ULTRAMAN』の5年後という設定であることが中盤で明かされた。また、雑誌記事などで展開した『ウルトラマンノア』も世界観が共通であることが終盤で明示された。
作中世界では「ウルトラマンに変身できる人間=デュナミスト(適能者)」が複数登場し、彼らの代替わりが描写された。タイトルの「ネクサス(絆)」とは、ウルトラマンの力が次代へ伝えられることを意味する。
主人公は地球を守る防衛チームに所属しているが、最終回でデュナミストになるまでは特殊能力を持たない普通の人間である。一方、デュナミストは2人目まで防衛チームに所属していない代わりに武器として使えるアイテムが与えられており、変身前の戦闘描写も多い。本作以前の各作品では防衛チームがウルトラマンの力を借りないと怪獣を倒せないことが多かったが、本作では防衛チームのみで怪獣を撃破する描写も多く見られ、本作以降もその描写の比重は高くなっていく。ウルトラマンが主人公ではないため、当初制作された第1話ではあえてウルトラマンを登場させずに視聴者の期待を盛り上げようとする演出となっていたが、社内試写を見た円谷プロ社長円谷英明の説得でシルエットでワンシーンのみ登場するという妥協案となった。
本作以降、全編とも長年続いてきたフィルム撮影から、デジタルビデオ方式の1つであるDVCPRO#DVCPRO HD|DVCPRO HD規格でのDVCPRO#DVCPRO HD|VARICAM撮影に切り替わっている。また、コンピュータグラフィックス|CGを作品の中に多く取り入れ、演出面でも新たな試みがなされた。『ULTRAMAN』では本作でCGIモーションディレクターを務める板野一郎を中心にOVA『マクロス ゼロ』のCGIチームが参加していたが、本作では技術継承のために板野が円谷プロダクションのCGIチームを指導する形となり、『ウルトラマンメビウス』までこの体制がとられた。

評価
本作のストーリーは、他のウルトラシリーズに例を見ないハードかつシリアスな重苦しいものとなった。第1話などを監督した小中和哉は、準備段階の時点で他の監督たちとミーティングを行うためにまとめた覚え書きに、「『深夜31時半』として捉えるくらいの気持ちで。」と記していたが、「主人公の恋人の部屋に飾られた大量の不気味な絵」「怪獣の攻撃で両親を殺されたうえに両親の身体を操られて捕らわれる少女」など、一部の場面に対して朝日新聞に批判が載るなどの状況にもなった。
平成三部作とウルトラマンコスモス|コスモスの低視聴率及び赤字が続いた経理により、従来は1話3000万以上かけていた予算が本作は1話1000万ほどになり、同じ舞台セットを続けて使用する、1体の怪獣を2 - 4話にわたって続けて登場させる、既存の怪獣のスーツを切り貼りして新怪獣にする、などの対処が見られた。ビル街などのミニチュア撮影|ミニチュアを一気に減らしてCGに切り替えたことは、「シリーズの世界観と違う」と不評を買った。
視聴率は初回こそ5%台を記録したものの、その後は2 - 3%台に急落し、1%台の回もあった。視聴率低迷の要因として、従来とは異なる朝の時間帯での放送であったことが挙げられている<ref name = "宇宙船YB0661" /><ref name = "TVMAGA36" />。
視聴率の低迷と連動して関連商品の売上も芳しくなく、2004年の年末商戦では多くの玩具販売店で不振であるという声が聞かれ、次作『ウルトラマンマックス』では原点回帰を期した路線変更がなされることとなる。
視聴率や売上が不振であったことに加え、製作時に放送枠のTBS系土曜7:30が2006年4月から毎日放送の情報番組になる事が確定しており、もう1本作品を制作したい円谷側にとってネクサスを1年で放送した後に2クールで番組を作成する事が当時困難であったこと、次作『ウルトラマンマックス』を『ウルトラマンフェスティバル』との連動でヤマ場を作りたいというイベント企画側の都合により放送開始を開催の夏休み期間に合わす必要があったことから当初の全50話前後の予定が全37話に短縮された<ref group = "注">2005年に発売された「ウルトラマンネクサスカレンダー」には9月24日に最終回と記述されている。</ref>。
プロデューサーの渋谷浩康は「路線変更は視聴者に対する裏切り行為」という信条から当初掲げた方向性を曲げず、初志を貫徹した。本作のシリーズ構成を務めた長谷川圭一は、放送期間短縮が決定した時点で脚本:村井さだゆき・監督:阿部雄一による第4クールの回がクランクイン直前であったと証言している。
また長谷川は後年インタビューで、「やっぱり方向性としては、僕はあの前後にちょうど小中千昭さん達と『デビルマンレディー』を書いていたこともあり、デビルマンの世界とウルトラマンの世界を融合させたかった。一作前の『コスモス』では怪獣保護を打ち出してたので、もう一回、感情移入じゃなくて恐怖の対象としての怪獣とウルトラマンを見つめなおしたかった。『ウルトラマンティガ|ティガ』では人の力がウルトラの力なんだと示しました。それがウルトラマンで育った僕らの答だった。『ネクサス』ではそこに至るまでの混純を描きたかった」と語っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。