お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

門倉有希



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

門倉 有希(かどくら ゆき、本名・村越 充恵(むらこしみつえ)、1973年12月1日 - )は、日本の歌手。株式会社ボス所属、所属レーベルはビクターエンタテイメントである。

来歴・人物

福島県須賀川市出身。 1994年、『鴎・・・カモメ』でデビュー。 1996年、第六回NHK新人歌謡コンテストで『女の漁歌』を歌い、グランプリ受賞。特典により、その年の第47回NHK紅白歌合戦に出場。卓越した歌唱力と迫力十分の声量が魅力で、デビュー当初はコブシを利かせた正統派演歌を中心に歌っていたが、その後路線転向。 1998年、8枚目のシングル『ノラ』が80万枚を超えるロングヒットとなる。独特なハスキーな歌声と、表情から染み出る悲壮感は多く支持されている。 2016年、作曲家三木たかしの未発表曲『恋猫』を、元NHKで現フリーアナウンサーの宮本隆治とのデュエットにて発売。

エピソード

  • 1994年10月19日に一時芸能界を引退している。当時所属事務所は精神的疲弊を理由とし、また各マスメディアからは男性と失踪したなどの報道がなされた。しかし門倉本人は、男性とは15歳の時に出場したオーディションで知り合った同い年の出演者。高校卒業と同時に共に上京。デビュー前より同棲していた男に監禁されていたと2016年4月15日放映の『爆報! THE フライデー』にて発表した。門倉によると監禁中は男にDVを受け、「逃げたら殺す」などと脅されたと主張。脱出後も拒食症を患ったとした。なお療養中に拾ったネコと出会うことで「ノラ」をカバーするきっかけになったという。
  • 学校法人石川高等学校在籍時代に野球部のマネージャーとして甲子園に出場しており(ただし、当時は女子マネージャーのベンチ入りは認められていなかった)、甲子園と紅白の両方に出場した初めての女性歌手として話題になった(男性歌手では実際に試合にも出場した山本譲二などがいる)。元オリックスブルーウェーブ、千葉ロッテマリーンズ投手の川越英隆と同期である。
  • 母親の影響で子供の頃から矢沢永吉の大ファンで、ライブ観戦は勿論、ライブビデオやインタビュー記事も全部収集し、落ち込むとそれを見て"頑張らないと!"と励まされているという。

シングル

  1. 鴎・・・カモメ 作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:今泉敏郎(1994.2.23)
  2. どうせ東京の片隅に 作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:川村栄二(1995.6.21)
  3. どん底 作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:川村栄二(1996.2.21)
  4. 女の漁歌 作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:今泉敏郎(1996.7.24)
  5. 北の駅 作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:若草恵(1997.3.21)
  6. おんなの望郷歌 作詞:里村龍一/作曲:徳久広司/編曲:南郷達也(1997.8.21)
  7. ナザレの舟唄 作詞:阿久悠/作曲:浜圭介/編曲:今泉敏郎(1998.2.21)
  8. ノラ 作詞:ちあき哲也/作曲:徳久広司/曲者:今泉敏郎(1998.8.21)木下結子のカバー、約80万枚を売り上げる
  9. 眠っちまった恋人は 作詞:ちあき哲也/作曲:徳久広司/曲者:今泉敏郎(2000.3.23)
  10. 愛に疲れて 〜ラブ・イズ・ブラインド〜 作詞・作曲:ジャニス・イアン/日本語詞:小田めぐみ/編曲:宮崎慎二(2000.12.6)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。