お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

平田梨奈



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。

概要

東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとして日替わりメンバーで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。

その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在である。

特徴として非常に大勢のメンバーが在籍している。「AKB48」というグループ名から、メンバー数は48人であると誤解されることがあるが、実際は正規メンバーと研究生を合わせて100人超える大所帯で、ギネス世界記録に認定されている。

2017年現在、姉妹グループとして日本国内にSKE48・NMB48・HKT48・NGT48・STU48、日本国外にJKT48・BNK48があり、グループの総称として「48グループ」・「AKB48グループ」とも称されている。なお、現在フィリピン・マニラを拠点とするMNL48、台湾・台北を拠点とするTPE48プロジェクトが進行中である。詳細は、後述の「姉妹プロジェクト」を参照。

略史

2005年12月8日、AKB48劇場で初公演を行い(初公演の一般入場者は7名)、2006年2月1日にシングル「桜の花びらたち」でインディーズデビュー。同年10月25日にシングル「会いたかった」でデフスターレコーズからメジャーデビュー。2007年にはいわゆる「アキバ枠」で「第58回NHK紅白歌合戦」に出場するものの、当時は「秋葉原のオタク向けアイドル」というイメージが強かったこともあり、世間の関心は薄かった。

2008年1月に地上波テレビ初の冠番組『AKB1じ59ふん!』の放送が開始される。レーベルを移籍して、同年10月にキングレコード(You, Be Cool!)から発売した10thシングル「大声ダイヤモンド」から徐々にCD売り上げが増え始める。2009年には、14thシングル「RIVER」で初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得すると、その後発表する曲で次々と1位を獲得し、マスメディアから「AKB現象」「国民的アイドル」と呼ばれるようになる。2010年8月の17thシングル「ヘビーローテーション」は、シングルの連続初動売上50万枚突破やオリコン登場週数120週、オリコン週間カラオケチャート48週連続1位などの記録を残している。2011年には22ndシングル「フライングゲット」で、2012年には26thシングル「真夏のSounds good?!」で日本レコード大賞を受賞している。また日本ゴールドディスク大賞でも、2011年(2010年対象)から7年連続で「シングル・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を、2012年から3年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を受賞している。CDシングル売り上げは、2011年10月に23rdシングル「風は吹いている」で1000万枚、2013年3月に28thシングル「UZA」(発売は2012年10月)で2000万枚、2014年12月に38thシングル「希望的リフレイン」で3000万枚、2015年12月8日に42ndシングル「唇にBe My Baby」では3615万8000枚を超え、アーティスト別のCDシングルの総売り上げ日本一を記録し、2016年9月に45thシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」で、オリコンが1968年より集計を開始して以来初めて4000万枚を突破した。また、アルバムも含めたCD総売り上げは2014年3月に35thシングル「前しか向かねえ」で女性グループ初、ソロを含めた女性アーティストでは5組目となる3000万枚を突破した。

2005年のチームAのデビュー公演では、入場者72人のうち一般の観客は7人だった(65人が関係者)が、約2か月後の2月4日には初の満員(定員250名)を記録している。同年4月にはチームKの初公演が行われ満員となるが、3日目には半減するなど、紆余曲折を経ることとなる。2009年1月には、劇場公演のオンデマンド配信を開始している。劇場公演で最も高い応募倍率は、2012年8月27日に行われた前田敦子卒業公演の916倍となっている。劇場外では、2006年11月に日本青年館で初のコンサートを開催。2007年3月 - 4月には東京・名古屋・福岡・大阪を巡る全国ツアーを開催。2008年9月には中華人民共和国・北京で行われた文化交流行事のなかで、チームBが日本国外初のライブを行っている。

2009年6月 - 7月には、シングル選抜メンバーを決める『第1回選抜総選挙』を実施、以降毎年開催している。2012年からは、地上波でのテレビ中継が行われている。翌2010年9月には、同じくシングル選抜メンバーを決める『第1回選抜じゃんけん大会』を実施、これも以降毎年開催しているが、第5回からはAKB48のシングル選抜を決めるものではなくなっている。さらに2011年1月には、AKB48初のドキュンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』が公開となった。一方、同年3月の東日本大震災後に、チャリティー活動として「誰かのために」プロジェクトを開始している。

2008年のSKE48(名古屋・栄)を皮切りに、SDN48、NMB48(大阪・難波)、HKT48(福岡・博多)、JKT48(インドネシア・ジャカルタ)、SNH48(中国・上海)、NGT48(新潟)、STU48(瀬戸内)、BNK48と姉妹グループが順に結成され、48グループが形成されている。詳細は、後述の「姉妹プロジェクト」を参照。

2011年6月にはチーム4が、チームB以来4年半ぶりの新チームとして発足した。2014年4月にはチーム8が発足する。他のチームと異なりトヨタ自動車のサポートを受け、メンバーは各都道府県別のオーディションにより、それぞれの代表という形式をとっている。

大規模コンサートについては、2011年7月に西武ドームでAKB48グループで開催して以降、2012年3月にはさいたまスーパーアリーナ、同年8月には東京ドーム、2013年6月には横浜日産スタジアム、2013年7月 - 8月には全国5大ドームツアーコンサートを開催している。また2014年3月には国立霞ヶ丘陸上競技場でAKB48単独コンサートを開催、同年6月には味の素スタジアムでAKB48グループコンサートを開催、同年8月には東京ドームで初のAKB48単独コンサートも行っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。