お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

寺井尚子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

寺井 尚子(てらい なおこ、1967年5月1日 - )は、日本のジャズ・ヴァイオリニスト。

ジャズ・ヴァイオリンの世界ではステファン・グラッペリ、レイ・ナンスなど、スウィンギー、かつグリッサンドを生かした演奏が多い中で、バップの基本スタイルを徹底的にマスターしたと思われるアドリブを展開しジャズ・バイオリン奏法に新しい解釈を与えた。

略歴

  • 神奈川県藤沢市出身。もともとはクラシックを専攻していた。しかし、腱鞘炎にかかり練習中断を余儀なくされた時に、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビイ」に触発されジャズに目覚める。
  • 1988年プロ・デビュー。名古屋を中心にライヴハウスなどで演奏していたところを中西俊博が聞きつけ、セッション。
  • 1995年に来日中のケニー・バロンと共演し、その縁で彼のアルバム『Things Unseen』(Verve)の録音に招かれニューヨークへ。(共演:エディ・ヘンダーソン、ジョン・スコフィールド)。
  • 1998年に初のリーダー・アルバム『Thinking of You』を発表。
  • 中西俊博の番組「趣味悠々・バイオリンは友だち」(NHK教育・1998年)最終回で客演。2005年には再びNHK「スタジオパーク」に寺井が出演した時に今度は中西が客演の形で共演。いずれもガーシュインを演奏した。
  • 2004年3月14日、第18回日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー〈邦楽〉受賞(『anthem(アンセム)』)。
  • 2008年1月18日、第33回「南里文雄賞」受賞。
  • 2010年2月26日、初のパリ公演「JAZZ in JAPAN 2010」(ゲスト:リシャール・ガリアーノ、パリ日本文化会館にて)。
  • 2010年3月19日、平成21年度(第60回)文化庁「芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)」受賞。
  • 2011年3月2-3日、ルクセンブルク、パリ公演「JAZZ in JAPAN 2011」(共演:リシャール・ガリアーノ・北島直樹、2日:グルント・ノイミュンスター修道院文化会館(CCRN)、3日:パリ日本文化会館にて)。
  • ディスコグラフィ

    アルバム

    映像作品

    • リシャール・ガリアーノ “タンガリア” カルテット スペシャル・ゲスト:寺井尚子/Live at 東京JAZZ 2008(ビデオアーツ・ミュージック/2009年10月21日)

    著書


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。