お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

クチコミの「いいね」の数×100ptを、REC会員みんなで山分け!

浅田舞



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

浅田 舞(あさだ まい、1988年7月17日 - )は、2000年代に活動していた日本のフィギュアスケート選手(女子シングルスケーティング|シングル)。現役引退後はスポーツキャスター、タレントとして活動している。マネージメント事務所はインターナショナル・マネジメント・グループ|IMG TOKYO。女子フィギュアスケート選手の浅田真央は実妹。

人物
名古屋市立高針小学校、名古屋市立高針台中学校、東海学園高等学校卒業後、中京大学体育学部体育科学科へ進学。
長い手足を生かした優雅な演技が持ち味で、それを生かしたスパイラルシークエンスが得意技とする。ジュニア時代は5種類の3回転ジャンプを跳べる数少ない選手の1人として頭角を現した。2002-2003シーズンには、全日本ジュニア選手権と世界ジュニア選手権で3回転アクセルジャンプ|アクセルにも挑戦した。2004-2005シーズンの怪我からジャンプが不調になっている。また、2007-2008シーズンから厳格になった判定によりルッツジャンプ|ルッツはエラーエッジ判定を受けるようになった。
2005年3月、第2回国際モードルオーディションORIBEでグランプリに選ばれ、およそ1年の間ファッションモデル|モデル兼俳優|女優としても活動。2006年にホリプロを退社した。テレビのレポーターなどを務めることがあり、GET SPORTS(テレビ朝日系)では「MAI FOCUS」としてアスリートを紹介するコーナーを持っている。2010年9月12日の放送ではシンクロ選手の乾友紀子を特集。自ら競泳水着姿となりシンクロの演技指導を受けた。
2014年2月7日に放送された『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で、普段はノーパン派であることや、自宅では「ヨレヨレのズボンとヨレヨレのTシャツ」で、仕事以外の時は「化粧もしない」ことなどを告白した。
趣味は読書。
プライベートでも広島県|広島に遠征に行くこともある広島東洋カープファン。中でも、新井貴浩選手のファンを公言している。2016年9月11日、フジテレビ系『スポーツLIFE HERO'S』出演時、前日(9月10日)、広島東洋カープのリーグ優勝を見届けに観戦した事を、翌日、番組から、新井貴浩選手に伝えたところ、新井貴浩選手が、お礼のコメントを述べた。VTR明け、嬉し涙を流し、最後は、「VTRを下さい。」と、語った。

経歴
7歳の時にスケートを始める。2001年まで名東フィギュアスケートクラブで門奈裕子に師事。2001年からはグランプリ東海クラブの山田満知子と樋口美穂子の指導を受ける。
2002-2003シーズンの全日本フィギュアスケートジュニア選手権|全日本ジュニア選手権で2位となり、世界ジュニアフィギュアスケート選手権|世界ジュニア選手権に出場。国際大会初出場ながら、予選2位。フリースケーティング(フリー)では3回転アクセルジャンプ|アクセル-2回転トウループジャンプ|トウループのコンビネーションジャンプを不完全ながら着氷し、総合4位入賞を果たした。2003-2004シーズン、2003/2004 ISUジュニアグランプリ|ジュニアグランプリ (JGP)スロバキア大会でJGP初優勝。世界ジュニア選手権では、試合直前に食あたりを起こしながらも2年連続の4位に入った。
2004-2005シーズン、野辺山合宿の練習中に他の選手と衝突し、顔を4針縫う怪我を負った。
2006年からアメリカ合衆国|アメリカロサンゼルスに練習拠点を移し、ラファエル・アルトゥニアンに師事。同年10月のキャンベルカップ(団体戦)でフリーを滑り、参考記録ながらパーソナルベストを大きく上回る103.27点を出した。この2006-2007シーズンから2006/2007 ISUグランプリシリーズ|ISUグランプリシリーズに参戦した。
2007年にはコーチをナディア・カナエワ(アルトゥニアンのアシスタント)に変更。2007-2008シーズン、澤田亜紀の欠場で急遽NHK杯国際フィギュアスケート競技大会|NHK杯に出場するが、浅田も風邪をひいており、会場練習ができないままSPに臨むこととなった。フリーは熱が上がったため棄権。第76回全日本フィギュアスケート選手権|全日本選手権では12位だった。
2008年から拠点を名古屋に戻した。オフシーズン中にジャンプが跳べなくなり、6月から本田武史の指導を受けて立て直しをはかる。第77回全日本フィギュアスケート選手権|全日本選手権では15位となり、それにより、2009年度では、シニア強化選手指定外にされる。中部フィギュアスケート選手権大会を棄権した後、フィギュアスケート競技会へは出場しておらず、フィギュアスケート競技と並行してのアイスショーやイベント等への出演、スポーツ番組のコメンテーター、スポーツキャスター、レポーター、タレント等での活動となる。
2014年2月のソチオリンピックでは、主にフィギュアスケートのコメンテーターとしてテレビ出演。女子シングル種目では、実妹の真央がSPでジャンプミスを連発し16位と大きく出遅れてしまいメダル絶望となったが、フリーでは女子で唯一3回転アクセルを成功させるなど3位と挽回し、総合で6位入賞を果たす。真央のフリー演技後、NHKの番組で「本当は(真央に)『大丈夫だよ』って言ってあげたかったが、喝(かつ)を入れるために敢えて叱った」と涙ながらに告白していた。
これまで、引退について明確にしていなかったが、2015年頃から現役を離れ、引退していることを話すようになっている。

主な戦績

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!スタンドS席:16,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
2017年5月20日 (土) 〜
2017年5月22日 (月)
国立代々木競技場
第一体育館