お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

日比美思



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Dream5(ドリームファイブ)は、2009年から2016年まで活動していた日本の5人組ダンス&ボーカルユニットである。通称はドリ5(ドリご)。エイベックス・マネジメントに所属していた。

NHK教育のテレビ番組『天才てれびくんMAX』の音楽コーナー「MTK」から誕生した。ユニット名は視聴者公募の中から「メンバー5人の希望や夢が一つに集まったイメージがあったから」と、2009年度てれび戦士全員で選んだ。

2016年12月31日をもって活動を終了した。

概要

『天才てれびくんMAX』初の試みで、2009年度のてれび戦士の中でも歌が上手かった重本ことりと全国の視聴者からオーディションで選考された4人で構成されたダンス&ボーカルユニットである。2009年11月4日に「I don't obey〜僕らのプライド〜」でCDデビューを果たす。重本が2010年3月をもっててれび戦士を卒業した後もグループ活動は継続。番組にも2011年3月まで準レギュラーという形で関わっていた。

レギュラーから離れた後もCMやメディア出演、全国各地でのライブを行っており、2014年には社会現象ともいえる大人気アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマを担当し大ヒット。同年の『第65回NHK紅白歌合戦』の企画コーナーにも出演するなど活躍の場を広げていた。

結成までの経緯

オーディション募集

2009年2月から、『天才てれびくんMAX』の新たな試みとして番組内で募集を開始。2月から4月にかけて、北海道・東北、関東甲信越、中部、近畿・中国・四国、九州・沖縄の5つのブロックに分かれて、ビデオを集めた。小学4年生から中学2年生までのダンスや歌が得意な男の子、女の子が応募し、ビデオの総数は1,500を超えた。

映像審査
全国の応募者から集まったビデオをプロデューサー軍団(石森洋、ノリ、塚田良平、大石淳、KABA.ちゃん)が厳正に審査し、目にとまった者のみが実技審査へ駒を進めた。
実技審査
実技審査は各自出された課題のもと、それぞれが個性豊かにアピール。そして実技審査でふるいにかけられ、合格した精鋭13名が2009年9月2日放送のMTK全国オーディションTHE FINALへの出場権が得られた。

MTK全国オーディションTHE FINAL

FINALでは、主に2段階の審査に分かれた。

第一審査
第1段階は個人審査。参加者は与えられた課題曲(2009年度MTK「MY WINGS」)を歌のみ、ダンスのみ、歌とダンス両方の中から自分で選び演技する。第1段階ではボーカル2人、ダンサー6人の計8人に絞られた。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。