お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

概要

(しょう)は、自衛隊の階級区分の一つ。

最高位であり、将補の上に位置する。基本的に旧軍等の中将に相当するが、統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長および航空幕僚長たる将は大将に相当する。

英呼称は、陸上(航空)自衛隊:General(ジェネラル)(英語版防衛白書)または Lieutenant General(リューテナント・ジェネラル)、海上自衛隊:Admiral(アドミラル)(英語版防衛白書)または Vice Admiral(ヴァイス・アドミラル)。

なお、フランスやイタリアなどのように陸軍および空軍将官の階級を部隊階梯によって表現する国の場合、陸将および空将はブラジルなど師団長を中将職とする国々と同様に『師団将軍』と呼称する。海将は従来通り『副提督』である。

幕僚長たる将

幕僚長たる将の英呼称は、陸上(航空)自衛隊:General(ジェネラル)、海上自衛隊:Admiral(アドミラル)と呼称する。また他の将官の階級と区別するため、Full General(フル・ジェネラル)、Full Admiral(フル・アドミラル)と呼称することもある。

なお、こちらも部隊階梯で表現する国の場合、陸将および空将は単にgeneralと表現するか、ブラジルなどと同様に『軍の将軍』呼称する。海将は概ね従来通り『提督』である。

補職

  • 陸上自衛隊では、陸将と呼称され、陸上幕僚長の他、方面総監、師団長等を務める。
  • 海上自衛隊では、海将と呼称され、海上幕僚長の他、自衛艦隊司令官、地方総監等を務める。
  • 航空自衛隊では、空将と呼称され、航空幕僚長の他、航空総隊司令官、航空方面隊司令官等を務める。

将の補職は、上記のものを含めて全て指定職であるが、現在、幕僚長に関しては認証官とすることが政策として検討されている。

脚注

関連項目

軍隊における階級呼称一覧



 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。