お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

宮地大介



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

宮地大介(みやち だいすけ、1968年4月3日 - )はタイタン所属の俳優、芸人。

役者として多くの舞台、TVドラマ、映画、CMに出演。2014年まではタイタン主催の「タイタンシネマライブ」「タイタンライブ・レア」に出演するなど、芸人としても活動。「ラジオDJ」ネタが好評であった。

略歴

1968年4月、広島県呉市に生まれる。父は陶芸家(主に水滴)。

東京・調布の日活撮影所の中にあったにっかつ芸術学院(2013年3月末閉校)を卒業後、定まった劇団には所属せず役者として活動を続けていたが、1996年に藤田真文とコントコンビ「がんす」を結成しデビュー。同時にタイタンに所属となる。

また、ウクレレえいじ、コヤマ紀比古、THE MAN、スギタヒロシとでコントユニット「哀愁メロメロ」を組み、年1回のペースでコントライブを行う(現在は休止中)。

2004年末をもってがんす解散。2005年2月25日のタイタンライブにて解散を発表。以降、ピン芸人として「ラジオDJ」ネタが好評。また、役者としての活動も本格的に開始。

2012年3月、演出に映画監督の深作健太を迎え、一人芝居による初の単独公演「ディスクジョッキーを黙らせろ」vol.深作健太を開催。その後も年1回のペースで一人芝居を行う。

2015年より、一旦芸人活動を休止し、役者一本で活動。

人物

  • メガネがトレードマークで、携帯アプリ「宮地大介のラジオ大学 朝セット」「宮地大介のラジオ大学 夜セット」では、メガネボタンを押すとDJのプロフィールや裏設定、ひとくちメモが現れる。役の上でも、最近はほとんどメガネをかけている。実際に、視力は裸眼で0.1。また、「哀愁メロメロ」等では時々鼻の下が長いことをいじられる。
  • デッサン画も得意としており、しばしば自らの芝居や友人・知人の芝居のチラシのデザインを描いている。
  • 舞台でのカーテンコールにおいて、出演者全員で観客にお辞儀をする際に決まって額が膝につくくらいまで深いお辞儀をする。これは、舞台を始めた当初から行っていることである。

エピソード

  • 2005年2月25日、がんす解散発表の日のタイタンライブにおいて、宮地はウクレレえいじと「哀愁メロメロ」の中でのネタ「部長と課長」で出演したが、その後しばらくタイタンライブに出演しない時期があった。一方、相方の藤田は解散発表の日は「グレート乙羽屋」で歌舞伎ネタを披露。現在、藤田はタイタンを離れ、「ラブセクシー乙羽屋」として西口プロレスで活動中。
  • 2012年8月20日、芝居の稽古からの帰宅中に甲州街道にて自転車の単独事故により転倒。右膝を強打し、膝の皿が丸見えになった。しかし、翌日から連続6日間全9回公演の舞台があったが、そのまま支障をきたすことなく無事に全公演をこなした。

出演

舞台


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。