お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

新沢基栄



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

新沢 基栄(しんざわ もとえい、男性、本名同じ、1958年6月10日 - )は、日本の漫画家。新潟県立柏崎工業高等学校、日本工学院専門学校美術科卒。血液型A型。

代表作は『ハイスクール!奇面組』(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)で、1985年にテレビアニメ化されたほか、2017年には舞台劇化もされている。

経歴

実家は醤油屋。新潟県立柏崎工業高等学校を卒業して上京し、日本工学院専門学校に入学した。

専門学校を卒業後、日雇いの運送屋で最低限の生活費を稼ぎながら、当時、勢いを感じ始めた『週刊少年ジャンプ』での漫画家デビューを目指し作品を投稿。集英社『フレッシュジャンプ』賞の選外となるも、週刊少年ジャンプ編集者に見出されて、1980年に同誌にて『3年奇面組』でデビュー。それ以前は妹の影響で少女漫画志望であったため、初期の同作品にはその面影が色濃く残っている。

『3年奇面組』、その続編の『ハイスクール!奇面組』が大ヒットして、テレビアニメ化もされるなど、一躍人気漫画家となる。しかし漫画家として順風満帆だった最中、高校生の時に同級生と遊びでやった相撲が原因で患った腰痛が、過酷な週刊連載活動の中で悪化する。印刷会社から“締め切り間際の魔術師”と苦笑されながらも、辛うじて連載は続いていたが、ついにそれが限界を迎えて『奇面組』の原稿を落とす事態に陥り、それを重く見た集英社の上層部との相談の結果、『奇面組』は1987年に連載終了となる。もともと新沢としてはそれ以前に登場人物の高校卒業(1985年春)に合わせて終了させる意向だったが、編集部の引き止めによって連載は継続されていた。また、同社の上層部には先述の休載に至るまで、新沢の意向が伝わっていなかったと本人は語る。

休養後、1988年に連載開始した『ボクはしたたか君』も人気を博すが、再び慢性化していた腰痛が悪化したことが原因で休載となり、未完のまま打ち切りとなる。

それ以後は長期に渡り連載を持たず、新沢の元アシスタントだった佐藤正のアシスタントをするなどしていたが、数本の読み切り作品を経て2001年より『フラッシュ!奇面組』(スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』)の連載を開始する。しかし、腰の様子を見ながら仕事をしていたためか休載しがちであり、結局2005年6月号を最後に中断してしまった。

その後、2009年12月17日発売の『大人の科学マガジン』(学研教育出版刊)Vol.26掲載、「大人のひみつシリーズ モテる・モテないのひみつ」(原作:こざきゆう)にて作画を手掛けた。

現在は、毎年柏崎市でお盆に開かれる「柏崎ふるさとまつり」にて、直筆イラストの絵あんどんを出品している。

特色、仕事の進め方など

『奇面組』を描いていた頃は、コマ割りなどの技術面でのノウハウがなかったため、浮かんだことや台詞を絵にして直接描き、13〜15ページ程度の漫画なら10ページ位まで描いてから終わり方を考えていた。テンポ良く話を進めることを優先し、打ち合わせなども大雑把に話を決めるだけであった。またアイデアも落書きから得ていた。

また、担当から予定より早い締め切りを教えられており、新沢が「担当さんが苦労したくなかったから」と話している。

エピソード

  • 中・高校時代は地元新聞社の投稿欄にイラストを投稿。常連というほど掲載されていた。
  • 高校時代は生徒会の副会長を務めていた。
  • 恐竜好きである。
  • 『ハイスクール!奇面組』の主題歌にうしろゆびさされ組の曲が使用されていた縁で、当時、同じフジテレビ系にて放映されていた『夕やけニャンニャン』の観覧にたびたび出向いていたが、人気が出るにつれおニャン子クラブの親衛隊や不良たちから目の敵にされ、外出は命懸けだった。一方で、うしろゆびさされ組のメンバー選出に関しては特に意見は挟まなかったが、結果として2人が河川唯、宇留千絵のイメージに合う可愛らしさで喜ばしいと絶賛した。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。