お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

筒井道隆



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

筒井 道隆(つつい みちたか、本名同じ、1971年3月31日 - )は、日本の俳優。東京都調布市出身。堀越高等学校卒業。舞プロモーション所属。ABO式血液型|血液型A型。父は、武道家で俳優の風間健。

来歴
1971年3月31日、キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健の長男として生まれる。それ以外のプライベートはあまり語られる機会はないが、年少の頃に妹とスタジオジブリ映画『火垂るの墓#アニメ映画版|火垂るの墓』を観て号泣したエピソードを語ったことがあり、妹の存在は明らかになっている。父が武道家で厳しかったため、高校生時代は反抗期を迎える機会もなかったという。高校卒業後はすぐに芸能事務所に入り、その後ほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の『バタアシ金魚』である。役者デビューするきっかけは、父親に「役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたことで、本人は百貨店|デパートにでも就職するつもりだったと語っている。
若い頃は恋愛ドラマで脚光を浴び、「トレンディドラマを代表する俳優の1人」「トレンディ俳優の1人」などと言われた(特に『あすなろ白書』や『君といた夏』でアイドル的な人気を博す)。若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場していた。役柄の影響から「女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージを持たれることも多かった。
しかし、三谷幸喜脚本作品に起用され、作品自体がヒットしたことで、「頼りないが憎めないお人好し」という役柄も得て、コメディー路線も確立。
近年のテレビドラマでは警察もの(『ボーダー 犯罪心理捜査ファイル|ボーダー』、『ゴンゾウ 伝説の刑事|ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』など)でのトラウマを持った人物の心理表現、映画では『KT (映画)|KT』での自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵などの厚みのある演技を見せる反面、デビュー作『バタアシ金魚』や映画『ブレス・レス』では恋に突っ走る明るい役柄も演じている。
舞台での活躍も多く、ストレートプレイから音楽劇、時代劇と幅広いジャンルに出演している。
穏健な声色から、ナレーション業も行っている。
実生活において筒井本人が理想とする男性像は「心の強い人」であるとインタビューで語っている。
2013年8月オートルートアルプスにTEAM、トーゲの一員として出場、見事完走を果たす。
(男子完走449選手の内368位 TEAM総合成績は93TEAM中75位)

人物
* 「道隆」という名前は父が少林寺拳法の修練後に開祖宗道臣から授与された僧名「道隆(どうりゅう)」をそのまま名付けられたもので、元々は四国八十八箇所の道隆寺(香川県多度津町少林寺拳法本部の近隣)に由来する。2008年4月14日・4月21日|21日放送の日本放送協会|NHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、その「道隆寺」に赴いた。
* 交友のある芸能人には、蜷川幸雄、三谷幸喜、西村雅彦、武田真治、国分佐智子がいる。
* バナナをいつも持ち歩いている、撮影の合間によく食べると言ったエピソードが多い。
* インタビュー等で語ったことのある好きな食べ物はカツ丼、メンタイコパン、スターバックスの抹茶フラペチーノなど。
* 俳優・六角精児のコラムにて「事務所の同僚である筒井道隆君はかつて、世の中で一番旨い食べ物はC&Cカレー(カレーショップC&Cを参照)であると言って譲らなかったが、その気持ちには僕も大いに共感したものだ。」との記述があった。
* 趣味は、自転車、オートバイ|バイク。自転車・バイク関連の雑誌インタビュー・表紙に登場することも多く、レース出場にも意欲的である。
* 移動手段として自転車を利用することが多い。その理由として、「駐車スペースを気にせず寄り道できる」「良い自転車はスピードが出て遠くまで行ける」「多少高額でも長い目でみれば経済的」という旨を語っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:8,000円(税込)
2017年7月13日 (木)
かめありリリオホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:8,000円(税込)
2017年8月8日 (火) 〜
2017年8月15日 (火)
サンシャイン劇場