お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

ミルクセーキ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ミルクセーキmilk shake)は、牛乳に甘味料などを加えて作る乳飲料の種類。

作り方

ミルクセーキの製法はいくつかある。

  • シェイカーを用いて作る方法
  • ミキサーを用いて作る方法
  • 泡だて器とボウルを用いて作る方法
  • いずれの方法でも、材料(種類によって違うので後述)を攪拌して作る。また、冷やして飲むために氷と一緒に攪拌することもある(この場合、氷の融解を計算に入れ、牛乳を用いずに練乳を用いることもある)。

    種類

    フレンチスタイルとアメリカンスタイル

    牛乳、卵黄、砂糖、バニラ・エッセンスを混ぜて作るものは「フレンチスタイル」と呼ばれる。牛乳を用いずに、コンデンスミルクと細かく砕いた氷(クラッシュアイス)を用いる場合もある。

    牛乳、アイスクリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るものは「アメリカンスタイル」と呼ばれる。チョコレートシロップや果物のシロップを混ぜることも多く、こちらはシェーキシェークシェイク)とも呼ばれる。マックシェイクなどの製品名で知られるものは、これである。アイスクリームの分量が牛乳よりもはるかに多いため、半ば凍った状態で供されることが多く、フレンチスタイルのミルクセーキよりもカロリーが高い。

    なお、「フレンチスタイル」「アメリカンスタイル」のどちらも、日本国内においては総称として、ミルクセーキ(英語のmilk shakeに由来)と呼ばれる傾向がある。

    その他

    他に、チョコレートやストロベリー(イチゴ)など(それらを原料としたシロップなどの場合もある)を配合することで味付けされたものも飲まれている。また、卵黄だけではなく全卵を用いる作り方も知られている。牛乳を温めて作られるものは、ホットミルクセーキと呼ばれる。

    カクテルとして

    エタノールを含まないノンアルコールカクテルの1つとして作られる。上記にもある通り、日本ではなまってミルクセーキと呼ばれるようになったので、バーでもミルクセーキと呼ばれる。元々はバーテンダーなどがシェーカーでシェークして作っていたためにShakeと付くものの、現在ではミキサーで作るようになった。

    標準的なレシピ

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。