お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

橘家圓太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

橘家 圓太郎(たちばなや えんたろう)は江戸・東京の落語の名跡。当代は8代目。初代のみ橘屋。
6代目と7代目の間に三遊亭圓生 (5代目)|5代目圓生の門で確認されているが目立った活躍がなく二つ目で終わっているためか代数として数えられていない。

初代

(? - 1872年10月15日)本名は出淵 長蔵。
出淵氏は、伊予国の河野氏の支族といい、父の名は大五郎。加賀国大聖寺藩の江戸留守居役の長子に生まれたが、庶子であったために、葛飾新宿村で農民となった。長蔵は、大五郎の義弟で出淵家の当主・十郎右衛門盛季に預けられたが左官職を生業にしていたが、放縦な生活を好み、天保初年ころに芸人となって三遊亭圓生 (2代目)|2代目三遊亭圓生(よつもくの圓生)に入門し音曲師の圓太郎となった。最初は芝居咄を演じ後に音曲咄に転じたが、晩年には三遊亭圓橘|初代三遊亭?圓橘を名乗っているが確証はない。背中にらくだの刺青を入れていたことから「らくだ」とあだ名された。また文久時代からは狐山堂卓朗(小森卓朗)の門下で橘園新声(または橘菴三圓)を名乗り俳諧も嗜んだ。実子は落語家で弟弟子三遊亭圓朝。生来の放浪癖は遂に収まることがなかった。享年不明。

2代目

( - 1879年7月)
俗称を豊次郎(豊吉とも)いい、外神田旅籠町の生まれで鮨屋を業とした。1855年3月21日に三遊亭圓朝(圓朝にとって一番弟子)の門に入り橘家圓三|圓三から文久元年ころに栄朝となり、明治初年?に2代目橘家圓太郎を襲名した。このころからあだ名を「鮨屋(すし屋)の圓太郎」といった。1878年ころに5代目司馬龍生を継いだ。1879年7月に越後で当時流行していたコレラで静養中に火事で死去した。

3代目

最初は桂文楽|2代目桂文楽(後の桂文治 (5代目)|5代目桂文治)の門で金楽、後に三遊亭圓朝の門で三遊亭圓寿から圓太郎になった。生没その他詳細は不明。

4代目

(弘化2年5月11日 (旧暦)|5月11日(1845年6月15日) - 明治31年(1898年)11月4日)本名は石井 菊松。
浅草駒形の生まれで圓朝の売れ出しのころの弟子で萬朝、二つ目昇進し、三遊亭圓好、真打昇進では圓太郎襲名。最初は音曲師であり人気がない存在だったが、初代三遊亭萬橘が「へらへらっ!」という竹橋の鎮台(兵営)ラッパにヒントを得て中華そば屋のチャルメラの如きガタ馬車(乗合馬車)の御者が吹く真鍮のラッパを吹き、出囃子 (落語)|出囃子代わりに高座に上がるようになった。これが人気を博し珍芸ブームに乗って俗に「ラッパの圓太郎」と言われ、「へらへらの萬橘」こと三遊亭萬橘#初代|初代三遊亭萬橘、「ステテコの圓遊」こと三遊亭圓遊#初代|初代三遊亭圓遊、「釜掘りの談志」こと立川談志 (4代目)|4代目立川談志の4人をして珍芸四天王と言われた。この圓太郎の芸から乗合馬車のことを「圓太郎」「圓太郎馬車」などと呼んだ。また、関東大震災直後の帝都交通の復旧手段として急遽登場した市営バス(現在の都営バス)は急造であったため、ガタ馬車同然の車体であった。このため、この市営バスにもこの言葉が引き継がれ「円太郎バス|圓太郎バス」などとも言われた。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
■渋谷らくご
大人2,300円 学生1,700円 高校生・落研1,000円 会員2,000円
■ふたりらくご
大人1,000円 学生700円 高校生・落研400円 会員900円(税込)
2017年7月14日 (金) 〜
2017年7月18日 (火)
ユーロライブ