お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山口良一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山口良一(やまぐち りょういち、1955年3月27日 - )は、日本のタレント、俳優、歌手、リポーター、司会者としてマルチに活躍している。広島県広島市基町(現、広島市中区基町)出身。劇団東京ヴォードヴィルショー所属。東京都在住。既婚、娘一人。

来歴・人物

  • 広島市基町にあった市営住宅の育ち。6歳まで過ごした家が現在の広島県立総合体育館、上京するまで過ごした家は、現在のひろしま美術館の玄関あたりにあったという。広島市立袋町小学校〜広島市立国泰寺中学校〜広島市立広島工業高等学校建築科卒業。
  • 高校卒業後、きもののやまと梅田店、広島駅ビル店(現ASSE)にそれぞれ半年間勤務。1974年、19歳半の時に上京。1977年東映演技研修所に入所、2年間通う。1979年、佐藤B作率いる劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。1981年1月6日、劇団の先輩女優と結婚。1983年2月、娘が生れる。
  • 1981年、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』のヨシ夫役でブレイク。頭は良いが運動のほうはさっぱり…という印象だったが、バック転を披露し観客を唸らせた。同年には共演した西山浩司、長江健次と「イモ欽トリオ」というユニットを組み、当時流行のテクノを取り入れたシングル『ハイスクールララバイ』をリリース。オリコンチャートにおいて1981年の年間第4位というヒットとなった。
  • イモ欽トリオのデビューシングル『ハイスクールララバイ』のジャケットで山口のプロフィールの生年月日は「不明」と記載された。これは当時、年齢不詳の謎の高校生というキャラクター設定のためあえて公表していなかったものである。視聴者から事実を問うはがきが多数届いたため番組内で、上記の理由とともに実年齢を明かし、更に妻帯者であることを公表した。客席からは最初どよめきが起こったが、概ね好意的に受け入れられ拍手を得た。
  • 「良い子」のトレードマークだったメガネは『欽ドン!』の終了後も掛け続けていたが、現在は外している。
  • 現在は舞台中心に俳優、『噂の!東京マガジン』(TBS系)や、旅番組のリポーター、落語の舞台などで活躍中。花王の入浴剤「バブ」のCMの、色んな現場で働く人を山口がレポートしたシリーズにも出演した。
  • 1987年7月から2000年12月まで『クイズところ変れば!?』(テレビ東京系)の司会を務めた。のちに出演したオールスター感謝祭(TBS系)の番組内で司会を務めていた島田紳助に「『クイズところ変れば』代表の方ですか?」と言われたことがある。
  • 無名時代には『ウィークエンダー』(日本テレビ系)内の再現フィルムに出演したことがある。
  • 広島東洋カープの大ファン。広島市民球場のすぐ近くの5軒長屋の市営住宅に住んでいた。ただし、広島にいた頃はファンではなかった。
  • 2歳上の姉がいる。父は高3の17歳の時に49歳で他界。
  • 少年の頃の夢は、落語家。
  • 剣道2段。中学から高校2年2学期まで剣道をしていた。
  • 1982年、『オールナイトニッポン』パーソナリティを担当。1982年4月6日に火曜2部で放送開始、同年10月に金曜1部に移った。自他共に認めるプロレス好きであるため、番組でもプロレス絡みの話題が尽きなかった(「山口良一のオールナイトニッポン#プロレスアワー → 闘魂スペシャル」参照)。
  • 趣味はバイクで、バイク関連のテレビ番組への出演も多い。国産車・外国車を合わせ多数を所有していた時期もある。仕事場への移動にもバイクを利用することが多い。また、銭湯好き、相撲好きである。下戸。
  • 出演

    ラジオ


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。