お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

納谷真大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

納谷 真大(なや まさとも、1968年10月19日 - )は、日本の俳優、演出家、劇作家。和歌山県和歌山市生まれ。早稲田大学卒、富良野塾9期生。北海道札幌市を拠点として活躍している。演劇団体ELEVEN NINES代表。元劇団イナダ組研究生。

趣味は読書、映画鑑賞、ルアーフィッシング、特技はバスケットボール。

略歴

和歌山県和歌山市に生まれる。

小学校時代は読書がとても好きで太宰治等を読んでいた。そのためか国語のテストで太宰治がなにを想ったのかという作者の意図に対しての問題で納谷なりの解答をしたら、不正解になり何故なのかを先生に聞いたら出された解答と違うからと言われこれに対して納谷は「お前に太宰治の何が解るんや!」と猛抗議したことがある。最後は父親の介入により納谷が卒業するまでは頑張って書いたら国語のテストはOKになった。

小学校の学芸会には6年間一回も出たことがない。理由はある台詞で「何でお前そんなことしたんだよ?」という台詞がありそれを担任の先生は親にお尻をむけてはいけないということで、観客の方にむかって言えと言われ納谷は「何でこの子に言わなくてはいけないのに何故観客にむかって言わなくてはいけないんだ」と大喧嘩をしてしまいその結果じゃあでないと決めたのである。この当時のことについて納谷は「学芸会は日本演劇をダメにしている象徴」と述べている。

出演作

舞台

富良野塾公演
  • ニングル
  • 今日、悲別で…
  • 屋根
  • 地球、光りなさい!
演劇企画集団ガジラ公演
  • アプレゲール
秦建日子プロデュース公演
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。