お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

蒼乃夕妃



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蒼乃 夕妃(あおの ゆき、1983年9月12日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。

岡山県岡山市生まれ、山陽女子高等学校出身。愛称は「まりも」。身長164cm。血液型O型。所属事務所は東宝芸能。

略歴

  • 中学時代は陸上競技に熱中していたが、テレビで宝塚歌劇を見て「ここに入りたい」と思い、受験を決断。高校に通いながらバレエ等のレッスンを積み、4度目の受験で宝塚音楽学校に合格。
  • 2002年、宝塚音楽学校入学。第90期生。同期生には愛原実花(元雪組トップ娘役)、彩星りおん、宇月颯などがいる。
  • 2004年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は9番。雪組公演『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!!』で初舞台を踏み、その後星組に配属。
  • 2005年、バウホール公演『それでも船は行く』(柚希礼音主演バージョン)のヒロインに抜擢される。
  • 2006年7月から1年間、1期上の壱城あずさと共にTAKARAZUKA SKY STAGE第5期スカイ・フェアリーズを務めた。
  • 2009年12月21日付で月組に異動し、2010年2月の中日劇場公演『紫子/Heat on Beat!』より、霧矢大夢の相手役として月組トップ娘役を務める。大劇場お披露目公演は『THE SCARLET PIMPERNEL』のマルグリット役で、星組時代の新人公演で演じた役であった。
  • 2011年7月、歌劇団の2010年度賞、優秀賞を受賞。
  • 2012年4月22日、『エドワード8世/Misty Station』千秋楽をもって退団。相手役の霧矢と同時退団となった。
  • 2012年7月、『BAD GIRLS meets BAD BOYS』公演に出演。宝塚歌劇団退団後の初舞台となる。
  • 2015年4月、東宝芸能の所属となる。
  • 2016年9月3日、俳優の中河内雅貴と結婚することを発表した。
  • 宝塚歌劇団時代の舞台

    星組時代

    • 2005年3月、バウ・ワークショップ公演『それでも船は行く』(柚希礼音主演ver.)スーザン・トレイシー *初ヒロイン
    • 2005年5月 - 8月、『長崎しぐれ坂』芳蓮(本役:白羽ゆり)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。