お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

東京フィルハーモニー交響楽団



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団(とうきょうフィルハーモニーこうきょうがくだん、)は、現存している日本最古のオーケストラ。2001年に新星日本交響楽団と合併したため現在でも日本最多の楽員数を擁し、ほぼ常に二つのグループに別れて演奏活動を行っている。日本で一番頻繁に新国立劇場などでオペラの伴奏をしているオーケストラでもある。略称は東フィル。Bunkamuraオーチャードホールを本拠地とし、東京オペラシティ|東京オペラシティコンサートホール・タケミツメモリアル、サントリーホールでも定期演奏会を行なっている。日本オーケストラ連盟正会員。

沿革
*1911年(明治44年) - 名古屋市|名古屋のいとう呉服店(現在の松坂屋)に「いとう呉服店少年音楽隊」が誕生。
*1925年(大正14年) - 「松坂屋少年音楽隊」に改称。
*1927年(昭和2年) - 「松坂屋洋楽研究会」を松坂屋少年音楽隊と併称。
*1929年(昭和4年) - 「名古屋交響楽団」を松坂屋少年音楽隊と併称。
*1932年(昭和7年) - 「松坂屋管弦楽団」に改称。
*1935年(昭和10年) - 「松坂屋シンフォニー」に改称。 
*1938年(昭和13年) - 拠点を東京に移し、「中央交響楽団」に改称。
*1940年(昭和15年) - 日本ビクターへ楽団移譲。
*1941年(昭和16年) - 秋シーズンより「東京交響楽団」に改称。
*1944年(昭和19年) - この日の第33回定期公演を以て定期演奏会を中止、以後の演奏会は臨時公演になる。
*1945年(昭和20年) - 東京大空襲で芝 (東京都港区)|芝区御成門にあった練習所が焼失。当日はエクトル・ベルリオーズ|ベルリオーズの「ファウストの劫罰」日本初演が予定されていた。
*1945年(昭和20年) - 「東京都フィルハーモニー管弦楽団」として復活。
*1946年(昭和21年) - 「東京フィルハーモニー管弦楽団」に改称。
**7月 - 東京都フィルの母体である東京都音楽団解散。東京宝塚劇場|アーニー・パイル劇場(東京宝塚劇場が連合国軍最高司令官総司令部|GHQに接収されていた)専属のオーケストラとなる。
**11月 - 「東京フィルハーモニー交響楽団」に改称。
*1948年(昭和23年)4月20日 - 東京フィルハーモニー交響楽団としての第1回定期公演。
*1952年(昭和27年)12月 - 財団法人東京フィルハーモニー交響楽団となる。
*1969年(昭和44年) - のちの合併相手となった新星日本交響楽団が設立される。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:12,960円
A席:10,800円
B席:7,560円
C席:4,320円
S席(ジュニア):10,368円
A席(ジュニア):8,640円
B席(ジュニア):6,048円
C席(ジュニア):3,456円
(全席指定・税込)
2017年5月5日 (金) 〜
2017年5月13日 (土)
新国立劇場
オペラパレス

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席 一般:10,800円 ジュニア:8,640円
A席 一般:8,640円 ジュニア:6,912円
B席 一般:6,480円 ジュニア:5,184円
C席 一般:4,320円 ジュニア:3,456円
(全席指定・税込)

※ジュニア割引
[対象]4歳以上中学生以下の方
 ご入場時に年齢を確認させていただく場合があります。
2017年6月24日 (土) 〜
2017年7月1日 (土)
新国立劇場
オペラパレス