お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

伊東潤



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。

略歴

浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学卒業。卒業後、日本IBM(株)をはじめとした外資系企業に勤務。2002年頃から執筆活動を開始。2003年(平成15年)北条氏照の生涯を描いた『戦国関東血風録』でデビューする。2006年に独立し、コンサルティング会社の経営と執筆活動を並行して行う。2007年(平成19年)、武田家の滅亡を多視点の群衆小説として描いた『武田家滅亡』(角川書店)にてメジャーデビューする。

以降、主に戦国時代の東国を中心に据えた歴史小説を手掛ける。2010年より専業作家として活動を開始。2010年頃より、時代、地域、分野ともに守備範囲を広げつつある。また、新書分野への進出も活発で、ビジネス新書として『天下人の失敗学』(講談社)、歴史研究新書として、在野の研究家・乃至政彦との共著『戦国関東史と御館の乱』(洋泉社)を出している。

『KENZAN!』『小説宝石』『小説現代』『オール讀物』誌等に定期的に短編が掲載され、それらを集めた短編集も出版されている。

ビジネス業界に長らく所属していた作家でありながら、その作風はビジネス指南的な要素の少ない、本格的な歴史小説である。特に、緻密な歴史考証によるリアリティー溢れる作風を持ち味としており、NEO系歴史小説とは全く対照的な意味での、新時代の歴史小説の担い手として注目を集めつつある。城の防御機構についても非常に詳しく、『歴史人』2011年9月号(KKベストセラーズ)から初の連載寄稿「城を攻める⇒城を守る」を2年間24回にわたり執筆した。また『月刊ジェイ・ノベル』(実業之日本社)で2013年9月号から歴史エッセー「敗者列伝」が開始され、そのダイジェスト版が2014年4月より産経新聞紙上でも掲載される。

また、かつてはアマチュア・ウィンドサーファーでもあり、ソウル五輪国内予選への参加(8位入賞)や「湘南百年祭記念選手権」優勝など各種レース入賞の実績も持つ。

文学賞受賞・候補歴

  • 2010年 - 『戦国鬼譚 惨』で第32回吉川英治文学新人賞候補。
  • 2011年 - 『黒南風の海』で本屋が選ぶ時代小説大賞2011受賞。『城を噛ませた男』で第146回直木三十五賞候補。
  • 2012年 - 『黒南風の海』で第18回中山義秀文学賞候補。『国を蹴った男』で第148回直木三十五賞候補、第34回吉川英治文学新人賞受賞
  • 2013年 - 『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞。受賞。『巨鯨の海』で第149回直木三十五賞候補、第4回山田風太郎賞受賞。
  • 2014年 - 『王になろうとした男』で第150回直木三十五賞候補。『峠越え』で第20回中山義秀文学賞受賞。
  • 2016年 - 『天下人の茶』で第155回直木三十五賞候補。

作品

小説

  • 『戦国関東血風録――北条氏照修羅往道』(2003年9月 叢文社)
 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売:5,000円
初日特別価格:4,000円
(全席指定・税込)
2017年9月22日 (金) 〜
2017年10月3日 (火)
吉祥寺シアター
販売終了

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
36名限定!5,000円 → 【指定席引換券】4,100円さらに1,500Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で600Pゲット!(9/21 17時05分更新)
2017年9月22日 (金) 〜
2017年10月3日 (火)
吉祥寺シアター