お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ラサール石井



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ラサール 石井(ラサール いしい、1955年10月19日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優、声優、演出家である。本名及び旧芸名、石井 章雄(いしい あきお)。愛称はラサール先生。 石井光三オフィス所属。

略歴

大阪府大阪市住吉区帝塚山出身。お笑い番組好きな家庭だった影響もあって子供の頃から三木のり平や大村崑の番組を好んで視聴し、コメディアンに強い憧れを抱くが中学時代に自分よりも面白い生徒に敵わないと感じたため、青島幸男の存在から放送作家志望に転向する。

1960年代から1970年代にかけ、関西の有名学習塾「入江塾」で受験勉強をし(遅刻防止のため住み込みで通っていた)、鹿児島市の私立ラ・サール高等学校に入学。しかし東京大学受験には落ち、上京して浪人したら遊びの誘惑に勝てないと判断して卒業後は早稲田大学第一文学部に進学。同大学ミュージカル研究会にも所属しており、大学1年の時に放送作家をしている先輩の目に留まったことがきっかけで自身も放送作家としてテレビ朝日の歌謡バラエティ番組『チビラサンデー』のコント制作などに携わっていたことがあった。

早大在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。声優養成試験はリップノイズがあることとマイクに息が吹きかかる癖があるという理由で落ちている。その後、養成所で一期下の渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成。のち先輩コメディアンのコント太平洋から誘われて本格的に芸能活動を始める。多忙で単位不足となり学業の両立を断念し早大から除籍となる(中退ではない)。

1990年代にはテレビ番組『目撃!ドキュン』(テレビ朝日系)や深夜番組『おとなのえほん』(サンテレビ)などで司会を担当。また、お笑い界きってのクイズ王であり『オールスター感謝祭』(TBS)など数多くのクイズ番組で優勝経験を持ち、インテリ芸能人として知られる。『たけし・逸見の平成教育委員会』では、同郷出身の辰巳琢郎と共に優等生として活躍した。辰巳とは、後にキリンビール「秋味」のCMや『決戦!クイズの帝王』でも共演している。

1996年から放送されたテレビアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では主人公・両津勘吉の声を担当している(両津役以外の声優活動はほとんどしていない)。放送開始当初は「話題作りのための芸人起用」と批判されていたが、次第に原作ファンや視聴者から「ハマリ役」と絶賛され、幅広い世代に支持される。原作者の秋本治も漫画内で「わしにそっくり」という両津自身の台詞という形で絶賛し、ドラマ化の際に両津役にラサールを推薦するほど高く評価していた。主役だと自分専用のマイクが用意されるため、かつてテアトル・エコー時代に指摘されたマイクに息が吹きかかる癖はマイクの前に斜めに立つことで解消したという。同作品の舞台版では、同じく両津役として出演した他、脚本・演出も担当。2009年放送のドラマ版こち亀では両津勘吉の父親・銀次役で出演した。当初は両津勘吉役でオファーが来たが本人が断り、香取慎吾に決定したという経緯がある。

2004年4月から2005年3月25日まで、『ウォッチ!』(TBS)に新聞コーナーの編集長として出演(月曜日 - 金曜日)し、2005年3月28日からはTBSの夕方の顔として『イブニング・ファイブ』(月曜日 - 金曜日16:54 - 18:55)に出演していたが、2006年3月に「舞台演出家としての仕事が好調で両立が困難なため」として番組を卒業した。2007年度からは、『イブニング・ファイブ』と同じ時間帯 (14:00 - 17:50) に、毎日放送(TBS系列)で関西ローカルとして放送されている『ちちんぷいぷい』に月1レギュラーとして出演している。

舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。主な作品は、舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、日本音楽事業者協会創立40周年記念ミュージカル『スター誕生』等。

年に1度行われるイベント『M-1グランプリ』には、2001年の初回から計6回審査員を務めている(2006年、2008年、2009年は除く…石井の代わりに出演したのは2006年は南原清隆、2008年・2009年は渡辺正行)。また、『R-1ぐらんぷり』でも2009年以降審査員を務めている。

2010年、大学入試センター試験を受けた。

2011年1月、15年前から別居していた妻と正式に離婚が成立した。

2012年1月、24歳の一般女性(石井桃圭・旧姓不明)と再婚したことを31日に所属事務所が明らかにした。相手の女性は現役の薬学部の学生であるという。また、出会いから結婚に至るまでの交際期間が4か月というスピード婚であった。

人物

  • 渡辺リーダーと同様、兄と姉がいる末っ子。
  • ラサール』という名前は、そもそもラ・サール高等学校出身であると言うことを誇張するため、勝手に使用し始めた。
  • 幼少時は大村崑に憧れ、眼鏡をかけたいために自ら視力を悪くする努力をしていた。コンタクトレンズの使用を経て2005年にはレーシック(視力回復手術)を受けたが、奇遇にも同年同月日、同じクリニックで大村の長男もレーシックを受けていた。
  • 母と並んで微笑んでいる小学生時代の写真が、「笑える」として一時期ネタにされていた。また、その写真がカレンダーになったこともある。また、本人のTwitterアカウントのアイコンにも使われている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1階席:10,000円
2階席:5,000円
3階席:3,000円
(全席指定・税込)
2017年11月22日 (水) 〜
2017年11月23日 (木)
新歌舞伎座

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:9,800円
(全席指定・税込)
2017年12月14日 (木) 〜
2017年12月17日 (日)
KAAT神奈川芸術劇場
ホール