お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

岡本貴也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

岡本 貴也(おかもと たかや、1972年6月18日 - )は、兵庫県神戸市出身の脚本家・舞台演出家。ドリームプラス株式会社所属。

略歴

甲陽学院中学校・高等学校を卒業。

1995年、早稲田大学理工学部・応用物理学科を卒業。

1997年、早稲田大学院・生物物理学修了、理学修士号取得。卒業後、出版社に勤務。

1999年、劇団「タコあし電源」を旗揚げ。執筆及び演劇活動を開始。

2000年、久世塾一期生になると同時に出版社を退職。その数か月後、糸井重里賞受賞作で映像デビュー。ほぼ日刊イトイ新聞にて「21世紀の向田邦子をつくる」コーナー担当。

2001年、BS-iドラマ「ジャッジカフェ」にてテレビ脚本家デビュー。その後続けざまに『A side B』(長塚京三、阿部サダヲら)、『the Apartment』(西村雅彦、井上晴美)、『アイノウタ』(池内博之、つぐみら)、『ケータイ刑事_銭形愛』(宮崎あおいら)とBS-iにて連ドラを執筆。

2002年、TBS東芝日曜劇場『太陽の季節』(原作:石原慎太郎)で地上波デビュー。

2003年、初の商業演劇『再起動ロッケンロー』を作・演出。

2004年、『阪神淡路大震災〜1.17、衝撃の事実。』を作・演出。現在これが劇団タコあし電源での最後の作品である。

2005年 - 2006年、【舞台|阪神淡路大震災】と改題して初演台本をリニューアル、自主公演として全国巡演。8000人を動員し、全国各地のマスコミ各社より高い評価を受ける。戯曲全文と公演プロデュースやツアーの様子は『舞台 阪神淡路大震災 全記録』として三修社より出版された。

2007年より、デジタルハリウッド大学客員教授として、シナリオ作成演習・ゼミ等を担当。

2010年2月、毎日放送テレビ『あり得ない!』第7話でテレビドラマ監督デビュー。

2010年5月、初の本格小説『彼女との上手な別れ方』(小学館)で、小説家デビュー。同9月に重版決定。のちに映画化。

人物

  • 珍しい理系の脚本・演出家。
  • 執筆が異様に早く、稽古開始日や締め切りに遅れたことはほとんどない。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:6,800円(税込)
2017年8月16日 (水) 〜
2017年8月20日 (日)
サンシャイン劇場
販売終了

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
26名限定!6,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】5,800円さらに3,600Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で1,200Pゲット!(8/17 17時30分更新)
2017年8月16日 (水) 〜
2017年8月20日 (日)
サンシャイン劇場