お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

深作健太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

深作 健太(ふかさく けんた、1972年9月15日 - )は、日本の映画監督・演出家・脚本家。東京都出身。父は映画監督の深作欣二、母は女優の中原早苗、祖父(早苗の父)は俳優の藤尾純。成城大学文芸学部卒業。名前の由来は中原によると、高倉健と今井健二が名付け親で健は高倉健、太は菅原文太から取った。

人物

5歳の時、父・欣二に連れられ、映画『柳生一族の陰謀』・『宇宙からのメッセージ』が撮影されていた東映京都撮影所へ行った。欣二を慕う役者たちの存在は父への尊敬を膨らまし、「ケン坊、これ終わったら次は宇宙人の役やでえ」と声かけられ、「何とおもしろい世界だろうか」と思っていた。幼い頃から遊んでくれた千葉真一や真田広之がスクリーンの中で輝いていたことに感動し、ふだんの姿と役柄の違いを「裏側から楽しむ」ようになり、映画に惹かれていく。

大学卒業後、清掃会社に就職。その後、フリーの助監督として東映テレビ・プロダクションで戦隊シリーズ、映画『身も心も』(97)、『時雨の記』(98)、「おもちゃ』(98)などの作品につく。

脚本・プロデュースを担当していた『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』の撮影開始直後に監督である父の欣二が入院、翌2003年初頭に死去したため、その後の監督を引き継ぎ完成させた。そのため実質的に『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』が深作健太作品となり、監督第1作となる。

早稲田大学教授の石原千秋は、成城大学勤務時代の教え子だった深作について、「彼は横光利一『上海』に色を感じると書いて、レポートに24色の色鉛筆を駆使した奇妙な物語展開図を付表として付けてきた。さっぱりわからなかったので、敬意を払って90点を付けた。翌年の卒業論文は「悦(よろこ)びの王権」と題する谷崎潤一郎『細雪』論だった。副査の教員が「修士論文でも十分通用する」と感嘆したほどの出来だった。僕は教員として「わからないものにはとりあえず1票」という姿勢を採ることにしている。」と述べている。

近年では舞台やテレビドラマの演出にも、活動の場を広げている。

受賞

  • 『バトル・ロワイアル』 第24回日本アカデミー賞優秀脚本賞、第20回藤本賞新人賞受賞
  • 『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』 第58回毎日映画コンクール脚本賞受賞

主な作品

映画

  • 時雨の記(1998年11月14日、監督助手)
  • バトル・ロワイアル(2000年12月16日、脚本・プロデュース)
  • バトル・ロワイアル 特別篇(2001年4月7日、脚本・プロデュース)
  • バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】(2003年7月5日、監督・脚本・プロデュース)
  • バトル・ロワイアルII 【特別篇】REVENGE(2005年、監督・脚本・プロデュース)

-2005年2月21日、DVD発売(東映ビデオ)


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):5,400円
全席指定(学生):3,780円(税込)
2018年1月11日 (木) 〜
2018年1月21日 (日)
俳優座劇場