お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

クチコミの「いいね」の数×100ptを、REC会員みんなで山分け!

観世喜之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

矢来観世家(やらいかんぜけ)とは、能楽シテ方観世流の職分家のひとつ。観世九皐会を主宰し、分家観世銕之丞家の分家筋にあたる。梅若流|梅若がかりの芸風を持ち、流内で宗家、分家、梅若両家に次ぐ格式と規模を持つ。

歴史
明治時代、銕之丞家四世の観世清済の次男源次郎氏演が、梅若実 (初世)|初世梅若実の婿養子となって五十三世梅若六郎を相続・襲名したものの、後に実に二人の実子(梅若万三郎 (初世)|初世梅若万三郎・梅若六郎 (54世)|二世梅若実)が生れたので観世姓に復し、分家したことにはじまる。分家後、源次郎は観世清之(かんぜきよし)を名乗った。清之が一旦は梅若家へ入った事情により、芸系は梅若流に属する。
*明治39年(1906年)、雑誌『能楽』に「九皐会」の名称が初出(独立は明治41年、月並会の開催は明治44年より)。
*明治44年(1911年)、初世観世喜之が神田小川町|神田西小川町の自邸に能舞台を建て、同年6月17日第一回観世九皐会開催。
*大正12年(1923年)、関東大震災により西小川町の舞台が焼失。
*大正13年(1924年)、目白の二世観世喜之邸内に舞台竣工、舞台披き。
*昭和5年(1930年)、牛込矢来町(現矢来能楽堂所在地、東京都新宿区矢来町60番地)に観世九皐会能楽堂落成。披露能開催。
*昭和20年(1945年)5月24日、東京空襲により九皐会能楽堂焼失。
*昭和21年(1946年)、染井能舞台にて、九皐会復興。
*昭和27年(1952年)、牛込矢来町に観世九皐会能楽堂落成、矢来能楽堂と改称し舞台披き。同年9月17日より21日まで、矢来能楽堂舞台披記念「日加壽能」を開催。
*昭和27年9月 社団法人観世九皐会設立。
*平成14年4月 矢来能楽堂50周年記念日賀寿能を開催。
*平成20年〜22年 観世九皐会百周年記念公演を開催。
*平成24年4月 公益社団法人観世九皐会に移行。
明治40年(1907年)、矢来観世家は丸岡莞爾の観世流改定本刊行会(現能楽書林)と協力し、それまでの謡曲|謡本とは一線を画す改訂本を独自に刊行したが、これが当時の能楽界において問題となった。江戸時代以来の慣行として、流儀の謡本は宗家にのみ版権が帰属するとされていたからである。そしてこの事について宗家と清之の間で裁判となったが、結果は大審院において清之側の勝訴が確定した。以来能楽書林とは深い関係にあり、現在でも同社から独自の謡本を発行して使用している。しかし梅若流独立騒動の際には宗家側に立ち、最後まで観世流にとどまった。

歴代当主
*初代:観世清之 - 観世清済の次男。初名源次郎氏演。一時五十三世梅若六郎を襲名。
*二代:観世喜之 (初世) - 初代の養子。永島喜助の子。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
脇正面A席(前売):7,000円
中正面B席(前売):6,000円
B席学生(前売):4,000円(税込)
2017年4月23日 (日)
国立能楽堂

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
・S席(正面)(前売):7,300円
・A席(脇正面)(前売):6,300円
・自由席(中正面・一部脇正面)(前売):5,300円
・学生席(中正面・一部脇正面)(前売):2,700円
1,000円割引!7,300円 → カンフェティ席(S)6,300円!
1,000円割引!6,300円 → カンフェティ席(A)5,300円!(税込)
2017年5月13日 (土)
宝生能楽堂

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
正面指定席(前売):6,000円
脇中正面指定席(前売):5,000円(税込)
2017年7月23日 (日)
矢来能楽堂