お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード新規入会で2人に1人チケット1枚分無料キャンペーン

吉田栄作



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


吉田 栄作(よしだ えいさく、1969年1月3日<!-- 秦野市 --><!-- 「秦野市」と確認のできる信頼できる情報源からの出典明記をお願いいたします。 -->出身。身長182cm、体重72kg。血液型はABO式血液型|A型。ワタナベエンターテインメント所属。元妻はモデルの平子理沙。

来歴・人物

若い時はツッパリで有名。ナベプロに入っても、先輩の中山秀征と初めのころは口も利かなかったが、たまたま飛行機で一緒になり、矢沢永吉が好きという話で意気投合。しかしどっちが好きかで言い合いになりお互い譲らなかったが、「これでもか」と吉田が矢沢の著書「成りあがり」をポケットから取り出した。なお、役者修行で渡米する時には「俺は絶対ジャンボになってやる」と言った事がある。
1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ獲得がきっかけとなり、映画『ガラスの中の少女』でスクリーン・デビュー。阿部寛、風間トオルらと共にモデルやモデルオーディション上がりという、新しいタイプのイケメン俳優のハシリだった。当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年、当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ。吉田らが俳優としても成功を収めたことで、モデル上がりは顔だけで中身が無い、と言われる事なく、多くの後続が続いた。
歌手デビュー前に制作されたショートムービー『NO PROBLEM』(脚本・秋元康、監督・堤幸彦)では、オーディションで選ばれたキャリスタ・フロックハートと共演。当時キャリスタはまだデビューしたばかりだったが、後年、人気を博した彼女の主演作『アリー my Love』をテレビで見て、当時の共演者だと知り、驚いたという(「NO PROBLEM」は『Let's Get Out! 〜20th Anniversary Best〜』CD+DVD版に同梱のDVDに収録)。
1989年に「どうにかなるさ〜Chasing My Dream」で歌手としてもデビュー。1990年・1991年にNHK紅白歌合戦|紅白歌合戦出場(1990年は「心の旅」、1991年は「もしも君じゃなきゃ」を歌唱)。
1990年代は加勢大周・織田裕二と3人で「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれ、吉田は長男格であった。しかし、あまりにも自尊心の高さをアピールする芸風が一時一人歩きし、1995年に芸能活動を一時期休止、役者修業のため渡米。この時期にモデルの平子理沙と結婚した事にかこつけて「ヒモ」と揶揄する芸能マスコミが多かった。渡米のおかげで英語は堪能になっている。
1998年に帰国後、ドラマ『流通戦争』(NHK)で国内での俳優業に復帰。その後、2001年10月から2年半放送された『マネーの虎』(日本テレビ放送網|NTV)ではタレント・司会者としても人気を博する。以来、精力的にテレビドラマや新国立劇場での舞台演劇等に出演し、優れた演技で高い評価を得る。
休止していた音楽活動も、2004年8月15日に表参道FABで行われたライブより再開し、2007年にはインディーズでミニアルバムを発売。2009年8月5日には音楽活動20周年を記念し、「心の旅」をセルフカバーしたシングルとファンからの投票で選曲されたベストアルバムが同時発売された。メジャーレーベルからのCDリリースは14年ぶり。
2009年、『an・an』No.1671合併特大号で妻の平子理沙とのツーショットを初披露。夫婦共演は結婚12年目で初となる。
私生活では、モデルの平子理沙と1997年に結婚。 結婚直後に吉田がハリウッド挑戦で渡米したため、新婚直後より「別居婚」だったとも報じられた。互いの仕事や生活環境の変化に伴うすれ違いを理由に、2015年12月21日に離婚した。2015年12月21日に所属事務所の代理人が都内区役所に離婚届を提出。
<!--

エピソード
* 1990年代「とんねるずのオールナイトニッポン」にて、「どうしてお前はそんなに熱いんだ!」というコーナーでネタにされていた。熱血を表現する演出では他に1991年6月7日ミュージックステーションに「僕は何かを失いそうだ」で出演した際番組史上最大量の水を使って雨の演出がなされたりなどがあった。
* 『あいつがとまらない』(テレビ東京)では、自転車を猛スピードでこぐシーンが見られた。
* 女性週刊誌のアンケートにて好きな水着を尋ねられ「スクール水着」と回答した。
* アメリカの独立記念日には、毎年渡米し、妻の母宅を拠点に滞在し住んでいたLAなどで仲間と過ごす。(これエピソードですか?不要では?出典もナシなのでコメントアウト)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
入場料
 昼公演:6,600円
★夜公演6,600円5,300円!
学生割引:3,300円※
(全席指定・税込)

※学生割引:中学、高校、大学、各種専門学校、演劇養成所の学生の方対象
2017年3月5日 (日) 〜
2017年3月26日 (日)
紀伊國屋サザンシアター
TAKASHIMAYA