お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

藤田貴大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤田 貴大(ふじた たかひろ、1985年(昭和60年)4月27日 - )は、日本の劇作家・演出家。「マームとジプシー」主宰。北海道伊達市 (北海道)|伊達市出身。

経歴
10歳のときに伊達市の市民劇団パラムに子役として入団し、高校3年生まで所属。パラムの演出家である影山吉則が教鞭をとっていた北海道伊達緑丘高等学校に入学、影山が顧問だった演劇部に入る。在学中に演出としてつくった『りんごの木』が全国高等学校演劇大会ベスト4を獲得。その審査員を務めていた平田オリザから評価を受け、当時、平田が教鞭をとっていた桜美林大学文学部総合文化学科に進学を決める。2007年、大学4年の終わりに「マームとジプシー」旗揚げ。同年、大学卒業。
2008年、2009年は、主に横浜の小劇場「STスポット」やカフェで公演を続ける。2009年に『たゆたう、もえる』でこまばアゴラ劇場の「冬のサミット2009」に参加。藤田はのちに「24歳で初アゴラというのは、自分としてはすごく遅かったと思っています」と語っている。
急な坂スタジオ・坂あがりスカラシップ2010選抜。2011年、『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年、『cocoon』で第17回鶴屋南北戯曲賞候補。同年、第63回横浜文化賞文化・奨励芸術賞受賞。2016年、『cocoon』(再演)で第23回読売演劇大賞演出家賞ノミネート(優秀賞)。
幅広いジャンルの作家とコラボレーションを行う「マームと誰かさん」シリーズでは、これまでに大谷能生、飴屋法水、今日マチ子、穂村弘、名久井直子と共作をした。2014年には、川上未映子の詩を女優の青柳いづみが演じる『まえのひ』公演・全国ツアーも行われ、川上はこの公演のために詩「まえのひ」を書き下ろした。

作風
象徴的なシーンを別の角度から何度も見せる「リフレイン」を特徴とする。また、役者が本来持つパーソナリティーを観察し、劇中の人物と擦り合わせを行うことで生まれるリアルなドラマや個々の質感を作品に大きく反映させている。ほぼ素舞台で行うパフォーマンスは視覚の大部分を観客のイメージに任せ、モノローグと対話とがシームレスに混在していることから、時には小説的とも評される。

過去の公演

舞台
*スープも枯れた 2007年
*冬色こーと/クラゲノココロ 2007年
*ほろほろ 2008年
*ドコカ遠クノ、ソレヨリ向コウ 或いは、泡ニナル、風景 2008年
*ごほんごほんと絵本は鳴く 2008年
*ブルーとベリーの小さな惑星 2008年
*夜が明けないまま、朝 2009年

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:5,500円
A席:4,500円
(全席指定・税込)
2016年12月10日 (土) 〜
2016年12月21日 (水)
東京芸術劇場
プレイハウス