お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

PICKUP

MARKER LIGHT-BLUE


キメ画像1

深まる展開への序章が開幕

謎の転校生が巻き起こす、能力者たちのSF舞台!

潜在能力PSYを持った少年たちを軸に壮大な物語へと展開される舞台『MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー』。先行してイラストでのキャラクタービジュアルが公開されるなどステージ以外の展開が見え隠れするこの作品に期待の声が高まっている。今回はメインキャストである秋葉友佑、大島崚、柏木湊太、高野光平の4名で、ストーリー展開や見どころを語ってもらった。


インタビュー写真

個性的なキャラクターが巻き起こす人間模様

――― まずは、今回のストーリーのご説明と役柄について、教えてください。

秋葉「学園の生徒が生活する寄宿舎のお話で、普段は青春を謳歌していて普通の学生と変わらないんですけど、唯一違うところは、特殊能力を持った男の子たちであることなんですよ。僕はその中で謎に包まれている転校生のサフィールという役で、物語のカギを握っています。サフィールが現れたことにより、平和に暮らしていた生徒たちが嵐のような運命に飲み込まれていく感じです。記憶が全くない、不思議な少年です。みんな、それぞれ潜在能力であるPSYがあるんですよ。」

高野「サフィールと関係するのが、僕が演じるリュビです。とある人物からある力をサフィールと分け与えられていて、共鳴し合う役です。サフィールにとって重要な人物の1人です。サフィールが所属するブルーではなくて別の組織にいて、一言でいうと、暴君な王子様みたいな役です(笑)」

大島「僕はヴェリテという役で、サフィールの力に関係する1人です。同じブルーにいて、みんなに慕われているような生徒会長でとても人格者です。サフィールが来るまでは世の中を諦め、憂いているような性格だったのですが、サフィールと会ったことによって徐々にその心情が変化してきます。」

秋葉「リュビとヴェリテがいることにより、サフィールがドンドンと変化していくようになります。真っすぐな性格で、彼の存在がブルーを仲間として結び付けていくので、それをしっかり表現していきたいですね。」

柏木「僕が演じるのはボーテというリュビと一緒の組織にいる役です。絶世の美女と思われるような体系・ビジュアルの男性でこのキャラが波乱を呼びます。性格は…もうやばいとしか言いようがないキャラクターなので、ぜひとも劇場で確かめてください(笑)基本的にこちらのチームはやばいです(笑)」

高野「僕たちのチームがどういった組織で、どんな役割を果たすのか、ステージを見ながら確かめてほしいです。」

柏木「それぞれのチームにサフィールにとって重要な人物がいる形ですね。」

秋葉「仲良くしないといけないですね(笑)また、サフィールの力はリュビ・ヴェリテに関係するものなのでそれも確かめてほしいです。」

高野「ブルーは高校生ぐらいの年齢設定で、僕の演じるリュビは18歳ぐらいの年齢なので、実年齢より低い設定で一回り違うんですけど(笑)」


インタビュー写真

――― 個々のキャラクターが主人公のサフィールに大きく影響するみたいですね。先に公開されたイメージビジュアルを見ましたが、どのキャラクターも特徴的でどんな風に舞台上で表現されるか想像が膨らみますね。

秋葉「ブルーチームのキャラクターが先行して絵のビジュアルが出ています。衣装もそのビジュアル通りになると思います。」

柏木「(ビジュアルを見ながら)全体的に、かわいいですね。」

大島「すごい長身です(笑)」

高野「まだ僕たちのチームは出ていませんが、リュビは王子様っぽい感じになります。」

秋葉「ブルーは今回6人で、ただ1組双子の設定でもあるんですよ。レッドは5名いるので、5対5のイメージになります。」


インタビュー写真

トライブ方式で展開する舞台

――― 今回の公演は脚本・総合演出にまつだ壱岱氏、演出に萩原成哉氏が迎えられておりますが、皆さんはお2人とは接点はありますか?

秋葉「どちらも、とてもあります。萩原さんとは役者同士で共演させていただいて、演出で関わるのは初めてです。」

大島「僕は萩原さんが初めてなんですけど、まつださんとは何度か。」

柏木「壱岱さんと一回ご一緒しました。今回も楽しみです。」

高野「僕はどちらも初めてです。ただ、壱岱さんは同じ事務所で、何回かレッスンを受けたことがあるんです。本格的に舞台を一緒にやるのは初めてです。」


インタビュー写真

――― 今後、さらなる展開が予想される公演。その1回目となる今回を行うにあたっての意気込みをください。

柏木「自分のキャラで行くと、神秘的でしっかりと美しいキャラクターなので、自分を見て綺麗と思っていただけるように頑張りたいと思います。」

大島「人間の深い心理の会話があり、その表現方法が美しいので、それをお芝居で出して行きたいです。1人ひとりが個性的で関係性もしっかりと描かれているので、その関係性も作っていきたいです。今回のブルーそして別チームのほかにも、これから色々なチームが出て多様化する可能性のあるコンテンツで、本当に盛り上がりそうなお話であり、最終的には全チームが集まって面白いものができそうだなと頭の中で膨らんでいるので、しっかりと第一弾成功させていきたいです。主人公を支えつつ、頑張っていきたいなと思います。」

高野「僕は王子様で暴君とチャレンジするところがあるので頑張りたいと思います。ブルーチームに負けないように刺激を起こしあって、お互いにいいものを出し合って、この舞台自体が大成功できたらなと思います。」

秋葉「素晴らしいビジュアルを出してもらったので、お客さまがどう受け取ってもらえるのかが楽しみですし、そのキャラの個性やストーリーも伝えて、この舞台の世界に深くはまってもらえるように作品に仕上げたいです。そのうえで、舞台でしか出せないような気持ちを1つ作れればなと思います。」


(取材・文:熊谷洋幸 撮影:安藤史紘)


キメ画像2

PROFILE

秋葉友佑 (あきば・ゆうすけ)のプロフィール画像

● 秋葉友佑 (あきば・ゆうすけ)
1992年4月6日生まれ。神奈川県出身。代表作に『ラズベリーボーイ2』『JYUKAI-DEN』『透明少女』『遙かなる時空の中で5 風花記』があり、今後も活躍が期待されている俳優。

大島崚(おおしま・りょう)のプロフィール画像

● 大島崚(おおしま・りょう)
1991年9月18日生まれ。栃木県出身。声優として活躍しながら、舞台にも出演をしている。代表作は『実は私は』『ホス探へようこそ 〜ザ・ファースト〜』『アルカナ・ファミリア』など。

柏木湊太(かしわぎ・そうた)のプロフィール画像

● 柏木湊太(かしわぎ・そうた)
1995年1月7日生まれ。北海道出身。代表作には『美男高校地球防衛部LOVE』『ラズベリーボーイ3 THE FINAL』。また、映像でも映画『お江戸のキャンディ』(牡丹役)、2016年9月公開の映画『 バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』出演。

高野光平(たかの・こうへい)のプロフィール画像

● 高野光平(たかの・こうへい)
1987年10月22日生まれ。埼玉県出身。BANDAI「ゲキドライヴ」のPRキャラクターを中心に、おはスタやホビー関連のイベントで活躍、舞台にも出演をしている。代表作に『黄金のコメディフェスティバル2015』や音楽劇『しあわせな王子』(主演) がある。

公演情報

「舞台「MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー」」のチラシ画像

舞台「MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー」

2016年10月5日 (水) 〜2016年10月10日 (月・祝)
新宿・シアターモリエール
HP:公演ホームページ

全席指定:5,500円(税込)

詳細はこちら

「舞台「MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー」」のチラシ画像

舞台「MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー」

2016年10月5日 (水) 〜2016年10月10日 (月・祝)
新宿・シアターモリエール
HP:公演ホームページ

16名限定!5,500円(全席指定・税込)→ 【指定席引換券】4,500円さらに400Pゲット!(9/29 18時00分〜ポイントUP中!)

詳細はこちら