お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP 

まあくまさこ


キメ画像1

人気の噺家とユニークなゲストが、つうも初心者をも魅了する!

150分があっという間! 観る側も出る側もワクワク楽しい新感覚落語


インタビュー写真

――― 気鋭の落語家とゲスト、そしてまあくまさこが届ける新感覚落語『YEBISU亭』が、この秋で通算50回目を迎える。記念すべき公演の出演者には柳家喬太郎と三遊亭兼好、ゲストにみうらじゅんという、心躍る顔ぶれが揃った。

 「喬太郎さんと兼好さんは、人気と実力を兼ね備えた、旬なお二方。みうらさんは、子どものころからの落語ファンと伺って、出演をお願いしました。この顔合わせでどんなことができるか、どんな話が飛び出すのか、私自身もすごく楽しみ!」

――― 『YEBISU亭』ならではのプログラムといえば、出演者とゲストによるオープニング、そしてまあくが進行役となり、皆でざっくばらんにトークを繰り広げる『今夜踊ろう』。2つのコーナーには、彼女のこだわりが詰まっている。

 「オープニングは、私が基本の構成を考えます。せっかく噺家さんやゲストをお呼びするのだから、コラボ感を出したいなと思って始めたんです。皆さん、『今回、まあくはどんなことを言ってくるんだ!?』とドキドキしているみたい(笑)トークは事前にゲストの方に取材し、話す内容を決めています。骨組みを作っておけば、自由に話していただいても、自ずと中身の濃いものになりますから」


インタビュー写真

――― 近年の落語ブームより前、99年からスタートしたこのシリーズ。「“恵比寿で落語”のミスマッチがいいと直感で思った」とまあくは笑った。

 「恵比寿は幅広い世代が集まるエリア。落語に詳しくない人でも、恵比寿でやる落語イベントになら、足を運びやすいんじゃないかと考えたんです。一流の落語やトークで『こんなに面白い世界があるんだ!』って興味を持ってもらえれば、すそ野が広がる。『YEBISU亭』をきっかけに落語好きになったという声も多くいただき、本当に嬉しいです」

――― 客席の熱気は、演者にも伝わるもの。YEBISU亭の為だけに新作を書き下ろしてくれた噺家さんもいたという。

 「寄席とは異なる場での披露は、噺家の方々にとっても刺激的。皆さん、客席の様子を見ながらギリギリまで演目を悩んだりと、すごい気合で臨んでくださるんです。出る側も観る側もみんなが全力で楽しむ、素晴らしいシリーズになりました」 

――― 2016年秋、恵比寿で落語デビューをしてみてはいかがだろう。


(取材・文:木下千寿)



キメ画像2

PROFILE

まあくまさこのプロフィール画像

● まあくまさこ
企画オフィスマーク・アイ代表、プロデューサー。『YEBISU亭』をはじめ、『タンゴモデルナ』、『姿月あさとコンサートRe.fine』など、数々のステージを手掛ける。2011年、マーク・アイOSAKA設立。犬猫・馬の保護活動も。

公演情報

「第50回記念 YEBISU亭」のチラシ画像

第50回記念 YEBISU亭

2016年11月23日 (水・祝)
恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール
HP:公演ホームページ

32名限定!3,500円(全席指定・ドリンク付き・税込) → 3,200円さらに100Pゲット!

詳細はこちら

「第50回記念 YEBISU亭」のチラシ画像

第50回記念 YEBISU亭

2016年11月23日 (水・祝)
恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール
HP:公演ホームページ

全席指定席:3,500円(税込/ワンドリンク付き)

詳細はこちら