お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

Red Print


キメ画像1

国内の女性トップダンサーたちによる本気の挑戦が胸を揺さぶる!

五感で楽しめるものをつくりたい。気鋭の女性エンタメ集団が語る“ダンス×演劇”の魅力。

 ダンスと演劇をミックスした新しいエンターテイメントが、今、演劇界を賑わせている。その中で注目度No.1の新星が、女性ダンサーによるエンターテインメント集団・Eccentric DancetainmentGirls「Red Print」だ。メンバーは、ストリートをはじめ、様々なジャンルのトップシーンで活躍する女性ダンサーたち。そのほとんどが演技経験ゼロの段階からスタートし、一段ずつ成長を遂げている。
 いったいなぜRed Printのパフォーマンスはここまで人を熱狂させるのか。Red Printのプロデューサーである大関真、メンバーのNANAKO、CRAZY SHIZUKA、そして次回作『Toys』で初めてRed Printとタッグを組む演出家の小林香のトークとともに、Red Printの魅力の秘密に迫りたい。


インタビュー写真

挑戦こそが、Red Printのアイデンティティ。

――― Red Printの誕生は2014年。仕掛け人となったのは、SMAPをはじめ一流アーティストの振付を手がけるダンサー・JUNだ。自らが立ち上げた男性ダンスパフォーマンス集団・Blue Printに続く、女性だけの総合エンターテインメント集団としてRed Printは産声をあげた。以来、数多くのエンターテインメント作品を手がける大関演出のもと、2回の公演を決行。そして「次なる挑戦」として第3回公演『Toys』を企画した。

大関「常に新しいことにチャレンジをしていかないとっていう想いが、Red Printにはあるんです。普通のことをしていても面白くない。もっとたくさんの人に観てもらうためには、自分たちの可能性を自分たちで広げていかなくちゃいけない。だから過去2回は僕が演出をしてきましたが、敢えて今回は別の方にお願いすることに決めました」

――― そこで大関がオファーを送ったのが、小林香だ。ミュージカル畑で活躍する小林とRed Printはどこか異色の組み合わせにも見える。

大関「ここにいるダンサーたちは、みんな猛獣みたいなもの。普通の演出家じゃとてもコントロールできません。小林さんの舞台はいろいろ拝見させていただきましたが、これだけ圧倒的なエンターテインメントをつくられる演出家さんはそういない。そこで、ぜひ小林さんにとお願いしました。今回、彼女たちをどう料理するかはすべて小林さんにお任せするつもりです。きっとこの第3回公演は、今後のRed Printの分岐点になる。これが成功すれば、もう一段上のチームにステップアップできるんじゃないかと期待しています」

小林「実はオファーを受けるまでRed Printのことは知らなかったんです。それでもやってみようと思ったのは、ダンサーの芝居に興味があるから。これまでもKENTO MORIさんに初めて台詞を言ってもらったり、大貫勇輔さんに初めて歌ってもらったり、ダンサーに言葉を与えるということは何度か経験していて、それが私には非常に面白かったんですね。だから今回も彼女たちに言葉を与えることで何が起きるのか、演出家として見てみたい気持ちがありました。あとは、ミュージカルとは違う、若い感性を持った方たちと一緒に仕事をすることが、今の私には必要だと思ったのも大きいですね」

――― ダンサーのNANAKOとCRAZY SHIZUKAも小林のセンスと手腕に厚い期待を寄せている。

NANAKO「小林さんの演出は、原田薫さんの公演で拝見したことがあります。私にとって原田さんは大先生。そんな原田さんの魅力を小林さんは一層いろいろと引き出されていて。もともとパワフルで美しい方なんですけど、その中に面白さがあったり可愛さがあったり、いろんな原田さんの魅力が見られた。その小林さんが演出してくださるということで、どんな新しいRed Printが見られるんだろうってドキドキしてます」

小林「今考えているのは、みなさんが最も得意とする方法を貫くのか、敢えて苦手な方向にトライするのか。よりRed Printが進化していくには、どちらを選択するべきかということですね。その点については、今度みなさんとじっくり話してみたいと思っています」

NANAKO「怖いけど、苦手な分野に突き進んでみたい気持ちはありますね」

SHIZUKA「稽古では小林さんにはもうバンバン本音を言ってほしいですし、そこで私たちもグサッて刺されたい。その方が燃えるタイプなんですよ(笑)。今回は、とにかくチャレンジをしながら新しいRed Printを発見したいです」

インタビュー写真

個性豊かなオモチャによるポップで不思議なファンタジー。

――― 最新作『Toys』はタイトル通り様々なオモチャが登場する。

大関「Red Printのステージはメンバー主体。僕発信で全部決めるんじゃなく、次はどうするかをメンバー間で話し合ってもらって方向性を決めています。今回のオモチャのアイデアも、メンバーのミーティングから生まれたものですね」

NANAKO「いろいろ出てきたんですよね。島に漂流した話にしようとか、時代劇がやりたいとか」

SHIZUKA「で、みんな『トイ・ストーリー』という映画が好きで、ああいう世界観をやってみたいっていうところから、この企画が動き出していきました。Red Printは個性の強いメンバーばかり。そういうメンバーたちがみんなオモチャになったら面白いなって」

NANAKO「それぞれキャラクターがハッキリしているんで、それに合ったパフォーマンスができたら面白いですよね」


インタビュー写真

――― フライヤーの衣裳も自前で揃えたと言う。多国籍のコスチュームを身にまとったミューズたち。きっとこのイメージをさらに突き抜ける独創的な世界が舞台上に広がることだろう。

小林「今回演出をするときに気をつけたいのが、ダンサーがお芝居をすると、ともするとダンスに逃げがちになるんですよ。やっぱりそっちの方が得意だから。でもやるんだったら、ちゃんとお芝居に向かわせるようにしたいなって。踊っている彼女たちは文句なしにカッコいいじゃないですか。だからこそ、そのカッコよさがなくても素敵に見える方法を探りたいと思います」

――― さらに今回は、BOW(東京ゲゲゲイ)、RANDY、ニッチェら多彩な日替わりゲストが加わる。

大関「ぜひゲストのファンの方にも、こういう団体があるんだっていうことを知っていただきたいですね。長年演劇界にいますが、僕はコアな観客層だけをターゲットにするんじゃなくて、どうすればより多くの人に劇場に来る楽しさを伝えられるかということを考えてずっとやってきました。ダンスってエンターテインメントとして見やすいし飽きないから、演劇に興味のなかった方でも入りやすいと思うんです。ジャンルの垣根を壊していろんなパフォーマーと手を組むことで、エンターテインメント業界を大きくしていくことが僕の願いだし、Red Printの使命のひとつ。そのためにもずっと挑戦を重ねていきたいです」


インタビュー写真

一流のダンサーのお芝居には、他にはない輝きがある。

――― ダンサーが、お芝居をする。そこには、通常の演劇公演でもダンス公演でも見られない、別の魅力がつまっている。

大関「もちろんトレーニングはしていますが、正直、スキルの面ではプロの役者さんに勝てないと思います。でも彼女たちは本当に一生懸命。ダンス界で活躍し、今まで大きなステージに立ってきた人たちが、全力で声を出して汗をかいて動いてる。そこに僕は感動するんです。ベテランのダンサーが台詞をかんでも必死でまくし立てていく。その全力ぶりはきっと今まで演劇やダンスを観てきた人たちの心も揺さぶるものがあるはず。そしてそれは、僕らみたいに長年舞台をやっていると忘れてしまいがちな部分だと思います」

NANAKO「Red Printの公演は稽古も本番もいつもとにかくがむしゃらです。そこがきっと私たちの魅力。必死に新しいことに挑戦している私たちを見て、自分にも何かできるんだって感じてもらえたらいいなと思います」

SHIZUKA「Red Printを次世代のダンサーたちのアイコンにしたい気持ちもあるんです。私たちが新しい道を広げていくことで、こういうスタイルもあるんだって後輩たちが発見するきっかけになったらいいなって」

NANAKO「最近、若いダンサーの間でもお芝居やりたいって言う子が増えたしね。それはすごく嬉しい」

大関「結局、表現手法が違うだけでパフォーマーって根本は一緒だと思うんですよ。ダンサーがお芝居をするのって難しいことのように見えるけど、要は武器を変えただけ。パフォーマーとして魅力的な資質を持っているのは間違いないんだから、絶対に面白い作品になると思います」

小林「ダンスと演劇をミックスさせた舞台の魅力は、五感で楽しめるものがつくれること。それに尽きると思います。だからみなさんと力を合わせて理屈じゃなくて五感でエンジョイしてもらえるものをつくりたい。私にとってもチャレンジですけど、みなさんとならどんなことも一緒に笑い飛ばせるような気がするんですよね。それくらいのエネルギーを持った人たちばかり。一緒に作品をつくれるのがとても楽しみです」


(取材・文&撮影:横川良明)

キメ画像2

PROFILE

大関 真(おおぜき・まこと)のプロフィール画像

● 大関 真(おおぜき・まこと)
1977年8月30日生まれ。埼玉県出身。00年、三宅裕司率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアター入団。俳優として、舞台をはじめ、NHK大河ドラマ『江』、テレビ朝日『相棒』など映像でも活躍。その後、演出家に転向。主な演出作品に『逆転裁判』シリーズや『幻の城〜戦国の美しき狂気〜』、ロックミュージカルプロジェクト『ONE LOVE』、ケツメイシ・KTM TOUR2015「アドベンチアーズ」(ミュージカルパート・脚色/演出)など多数。ダンスパフォーマンス集団・Blue Printの演出も手がける。

小林 香(こばやし・かおり)のプロフィール画像

● 小林 香(こばやし・かおり)
8月26日生まれ。京都府出身。近作に、NHKエンタープライズ「DNA-SHARAKU」(脚本・演出・作詞/作曲=井上ヨシマサ)、サンリオ・ピューロランド25周年NEWパレード「Miracle Gift Parade」(脚本・演出/作曲=ヒャダイン)、第81回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部・課題曲「共演者」(作詞)、「ifi」(脚本・演出・作詞/作曲=スコット・アラン)等。シアタークリエでは【SHOW-ism】シリーズ全作の脚本・演出・作詞を手掛ける。コンサートやディナーショーの構成・演出も多い。

NANAKO(ナナコ)のプロフィール画像

● NANAKO(ナナコ)
8月31日生まれ。和歌山県出身。5歳よりクラシックバレエを始める。高校卒業後、ストリートで出会ったメンバーと女性ダンスチーム「OH GIRL!」を結成。数々のコンテストで結果を残し、22歳でLAに渡米。帰国後は自らダンサーとして活動しつつ、レディ・ガガ、安室奈美恵、倖田來未、MAY-J、MISIA、AI、Zeebraなど数々のアーティストの振付、バックダンサー、ダンスインストラクター、舞台演出をこなす。

CRAZY SHIZUKA(クレイジー・シズカ)のプロフィール画像

● CRAZY SHIZUKA(クレイジー・シズカ)
2月3日生まれ。兵庫県出身。16歳からダンスを始め、18歳の時、LAで初めてダンスで表現する面白さにはまる。 その後、数々のコンテストやバトルで高成績をおさめ、ファッション、音楽、ダンスを独特のスタイルで発信している実力派フィメールダンサー。また、宮本亜門演出のブロードウェイミュージカル『the WIZ』に出演するなど役者としても活動。「Rei Dance Collection」の総合演出、私立恵比寿中学『参枚目のタフガキ』振付などアイドルの振付も手がけ、活躍のフィールドを広げている。

● RedPrint(レッドプリント)
2014年に結成した、女性のみで構成されるダンスエンターテインメント集団。様々な分野で活躍してきたトップダンサーたちがダンスと演劇の融合した独特の世界をつくり上げ、公演を重ねるごとに熱狂的なファンを増やし続けている。

公演情報

「『Toys』」のチラシ画像

Red Print
『Toys』


2016年11月30日 (水) 〜2016年12月4日 (日)
CBGKシブゲキ!!
HP:公演ホームページ

18名限定!4,800円(全席指定・税込) → 3,900円さらに1,600Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で400Pゲット!
(11/29 18時20分更新)

詳細はこちら

「『Toys』」のチラシ画像

Red Print
『Toys』


2016年11月30日 (水) 〜2016年12月4日 (日)
CBGKシブゲキ!!
HP:公演ホームページ

前売:4,800円
(全席指定・税込)

詳細はこちら