お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

君死二タマフ事ナカレ 零


キメ画像1

人気コミックスの前日譚が今日も解かれる。

コミックスとクロスされる物語、運命に翻弄される少年少女のダーク戦場劇!

原作者ヨコオタロウによる大人気コミック『君死二タマフ事ナカレ』。この前日譚としての位置付けとして上演されるのが舞台『君死二タマフ事ナカレ 零』となる。ヨコオ氏による完全書下ろし作品となる本作は、新たなキャラクターとともにコミックスの内容とクロスオーバーしていく。今回は本作の主人公を演じる今出舞、その幼馴染役の大島崚、主人公と同じ年齢の特殊能力者を演じる北村悠、遠藤瑠香、黒藤結軌、未来みき、丸山直之、正木航平に、今回の意気込み、そして魅力を語ってもらった。


インタビュー写真

過激な表現と人間ドラマ

――― イラストのクオリティーが高く、現在もコミックス連載されている原作。今回の前日譚は、それぞれ違った特殊能力を持った中学3年生たちがメインとなる話だ。この舞台が決定した時の気持ちを聞いた。

大島「このお話をもらう以前に、原作の表紙を見て「なんだこのかっこいい表紙は!?」と思って、買って見ているんです。その数か月後ぐらいにこのお話を頂いたので、もう嬉しくて、テンションも上がりまして、夢が叶ったような気持ちでした。いつかこの作品が舞台になったとしたら携わりたいなと思っていたぐらいなので。

北村「僕はお話を頂いたときは、中学生役っていうことを聞いて、やっていいのかな?って。」

黒藤「今年30歳になるのですが、最初は大人の役だと思って話しを聞いていたので、いざ決まって中学生役でって聞いたときには「え、いいんですか?」ってなりました。」

今出「私は決まった後に、少し読んでみたんですよ。過激な描写もあって、ちょっと気持ち悪くなってしまって、休憩を挟みながら読んでいます(笑)でも、これを舞台でどうやって表現するのかが楽しみという期待感はありました。」
遠藤「先に見るかどうしようかと悩でいたんですよ。でも、台本を読んだ時の最初のインスピレーションが大事なのかなって思っているので、台本を読んでから原作を見ようって思っています。」

未来「私自身アニメが好きで、描写が過激なアニメも好きなので面白そうだなって思いました。今後読んでいきたいなと思っています。」

丸山「男性が好きそうな内容ですよね。」

大島「最初から衝撃的な描写です(笑)超能力や日本刀、そして学生、少年が好きそうな内容がてんこ盛りな作風です。その上で、今回の舞台は人間模様も大きく描かれているので、そこにも注目してほしいですね。」

黒藤「翻弄されながら戦争に使われる子供と、汚い大人の人間模様も見られるのかなって思います。特殊能力も子供のうちしか発揮できないので、戦争兵器として大人が利用する。悪いことも全部子供のせいにするので、そういう人間模様の難しさも舞台で観れるかもしれませんね。」

インタビュー写真

特殊能力をもつ中学生たち

――― 個々に演じるキャラクターについても話してもらったが、個性もバラバラ。1人ひとりに愛着を持てるだろう。

今出「私が演じるサクラは、原作にはないこの舞台のオリジナルのキャラクターで、とても気の弱い少女です。主人公でもあるので、このサクラがどう物語を引っ張っていくのか楽しみです。」

大島「僕もオリジナルキャラクターのハクジという男の子で、気が強くてすぐに悪態をついて、暴走をしてしまうキャラクターです。セリフの参考資料に、暴走した状態だと暴力的なことが書かれていて、これからこの男の子がどう動いていくのかなっていうのがとても楽しみな役柄です。」

丸山「僕はスミというキャラクターでして、理性的な本を読むのが好きなちょっとナルシストみたいなキャラクターです。原作でも登場するキャラクターなのですが、原作だとすぐに死んじゃうので、舞台中は死なないように気をつけます(笑)」

遠藤「私が演じるのはクチバで、おどおどしたメガネっ子なんですけど、どんなキャラクターになってるかは稽古を経て作っていきたいので、劇場で確かめてほしいです。」

正木「僕はコウジ役なんですけど、明るい筋肉バカみたいな役なんですけど、松岡修造みたいなんですよ。」

丸山「ちょっと似ていますね。」

正木「あ、本当ですか。今は体系的にスリムなので、この役のために鍛えてビルドアップしています。」

インタビュー写真

未来「ツツジ役なんですけど、オタクの女の子で、ジャンルは違うんですけど、私もアニメのオタクなので、ツツジと似ている部分があると思います。一度しゃべりだすと止まらないようなので、止まらないように頑張ります(笑)」

黒藤「ミズカキはコミックスでも登場して、ちょっと目先のリンゴをちょっとだけ動かせます(笑)コミックス3巻まで生き残っているんですけど、まだ活躍が少ないんですよ。素行も口も悪くて強く見せようとするキャラクターで、でも実は優しいんじゃないかって憎めないキャラクターです。舞台でどうなるのか楽しみなキャラですね。」

北村「僕はウスキ役なんですけど、簡単に言うと優等生の役で、今回のスタッフさんはオーディションの時にその辺を見抜いてくれたなと思っておりまして…」

全員「あはは(笑)」

北村「ぴったりな役なので、そこを見てもらえたらいいなと思います(笑)」

正木「ウスキは原作でもリーダー格でお兄さんのように、みんなを引っ張っていくような存在なんですよね。」


インタビュー写真

舞台とマンガがクロスしていく物語

――― 今回の作品は原作者ヨコオタロウによる原案の元、キャラクターも設定されている。続いている漫画とこの舞台がどう絡んでいくのか、また舞台で描かれる伏線がマンガを盛り上げさせる。

北村「僕から皆さんに、この舞台を見に来るという特殊能力をかけますので、ぜひ来てください。」

黒藤「やってやった感が(笑)人間の子供たちの葛藤が多いので、そういう意味では人間ドラマだから、すごい人間臭い舞台になったらいいなと思って挑戦していきます。」

正木「今回原作にない前日譚ということで、僕らの作り上げた舞台をヨコオさんが見てくださって、そこで何かインスピレーションであったり、ヨコオさんの書いている原作に少しでも影響を与えられるように頑張ります。」

未来「どんな特殊能力かは劇場でのお楽しみですが、楽しみにしながら日々鍛錬をして使えるように稽古を頑張りたいと思います。」

丸山「1か月ほど稽古するわけですから、もしかしたら使えるかもしれませんね。」

未来「はい、がんばります!」

丸山「僕のキャラクターは意外と使いやすい索敵能力があるので、人を見つけられるように頑張ります(笑)原作では激しい描写が多いのですが、それを舞台でどう表現できるのかっていうのを僕も楽しみですけど、お客さんも楽しみにしてくださったら嬉しいです。」

遠藤「原作ありきの作品ということで、すごく楽しみにしています。今年のクリスマスシーズンにこの舞台を見に来てくださったら嬉しいなと思います。」

大島「1ファンとしてなんですけども、舞台のオリジナルキャラクターという役を与えて頂いて、このキャラクターが原作にどういう風に影響を与えられるのかっていうところで、お客様にも僕自身にも勝負をして、今年の1年を締めくくるクリスマスを楽しんでいただけたらと思います。」

今出「原作ものの舞台はほとんどやったことなかったのですが、これを機に原作のファンの方が舞台を好きになったり、舞台を見に来て原作を気になってマンガを読むようになってもらえるような作品を作れたらいいなと思います。」


(取材・文:熊谷洋幸 撮影:安藤史紘)

キメ画像2

PROFILE

今出 舞(いまで・まい)のプロフィール画像

● 今出 舞(いまで・まい)
1993年6月12日生まれ。大阪府出身。2009年に女性アイドルグループSKE48加入、2012年に卒業。以降、イギリスへの語学留学を経て、舞台等で活躍中。今後の出演予定作品として『地獄少女』、『「鬼切丸伝」源平鬼絵巻』がある。

大島 崚(おおしま・りょう)のプロフィール画像

● 大島 崚(おおしま・りょう)
1991年9月18日生まれ。栃木県出身。声優として活躍しながら、舞台にも出演をしている。代表作は『実は私は』『ホス探へようこそ 〜ザ・ファースト〜』『アルカナ・ファミリア』など。

北村 悠(きたむら・ゆう)のプロフィール画像

● 北村 悠(きたむら・ゆう)
1985年8月9日生まれ。栃木県出身。2000年ジュノンスーパーボーイファイナリスト。現在俳優として活躍中。代表作は『ソウサイノチチル』『天元突破グレンラガン〜炎撃篇〜』『ホス探へようこそ』など。

遠藤 瑠香(えんどう・るか)のプロフィール画像

● 遠藤 瑠香(えんどう・るか)
1990年9月9日生まれ。東京都出身。2014年秋葉原ディアステージに所属、『るか』名義でアイカツ!の楽曲を歌うユニット『STAR☆ANIS』のメンバーに加入。現在は、舞台等で活躍中。

黒藤 結軌(くろふじ・ゆうき)のプロフィール画像

● 黒藤 結軌(くろふじ・ゆうき)
1986年12月2日生まれ。茨城県出身。俳優だけでなく、声優としても活躍中。現在TVアニメ『ぼのぼの』にてスナドリネコ役/しまっちゃうおじさん役で出演中。

未来 みき(みらい・みき)のプロフィール画像

● 未来 みき(みらい・みき)
秋葉原ディアステージに所属、アイカツ!の楽曲を歌うユニット『STAR☆ANIS』のメンバー。


丸山 直之(まるやま・なおゆき)のプロフィール画像

● 丸山 直之(まるやま・なおゆき)
1987年10月5日生まれ。 東京都出身。青山学院大学卒業、俳優・モデルとして活躍中。出演作として舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』などがある。

 正木 航平(まさき・こうへい)のプロフィール画像

● 正木 航平(まさき・こうへい)
1989年4月21日生まれ。埼玉県出身。カムカムミニキーナに所属。主な出演作としてカ『野狂〜おのしのこのし〜』、『読モの掟!2016』などがある。

公演情報

「『君死二タマフ事ナカレ 零』」のチラシ画像

『君死二タマフ事ナカレ 零』

2016年12月21日 (水) 〜2016年12月25日 (日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

16名限定!A席5,800円 → A席【指定席引換券】4,650円さらに300Pゲット!

詳細はこちら

「『君死二タマフ事ナカレ 零』」のチラシ画像

『君死二タマフ事ナカレ 零』

2016年12月21日 (水) 〜2016年12月25日 (日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

★チケット購入時にお好きなキャストをお選びください。
S席:7,000円(前方3列)
A席:5,800円(前方4列以降)
バルコニー席:6,000円
(全席指定・税込)

★事前購入者特典★
<対象販売期間:2016年9月24日(土)〜12月10日(土)>
@非売品生写真をプレゼント(ランダム/特典ブースお渡し/非選択)
A物販割引券300円分プレゼント(特典ブーズお渡し)

※「事前購入者特典」をお渡し時には、チケット裏に判子を押させていただきます。ご了承下さい。
★「マーカライト・ブルー」ご観劇者様は公演チケットの半券のご提示で物販割引券(300円分)を差し上げます。

詳細はこちら