お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

斉藤深雪・島 英臣・小山力也


キメ画像1

百戦錬磨の名優たちが惚れこんだ伝説の名作戯曲、復活。

アメリカ映画のサスペンスと、ヨーロッパ映画の悲恋。そのすべてが、ここにつまっている。

―― 1994年、設立からちょうど50年の節目に、俳優座にひとつの名作が生まれた。タイトルは『フル・サークル〜ベルリン1945〜』。生涯をかけて反戦を訴え続けたドイツの大作家・レマルクの唯一の戯曲だ。陥落寸前のドイツを舞台に、愚劣な戦争に対する批判精神をこめながら、意表を突く展開で約2時間観る者の心を一瞬たりとも離さなかった本作はラボ公演ながら絶賛を浴び、96年には本公演として、さらにその後も旅公演として全国各地で上演された。 初演から21年、ついにその封印が解かれるときがやってきた。初演ではソ連軍の大尉を演じた小山力也は、念願叶って「いつかやりたい」と焦がれ続けた政治犯・ローデを演じる。


インタビュー写真

『フル・サークル』は、最も手応えを感じた作品のひとつ。

小山「これまでいろんな作品に出させていただきましたが、お客様から“またあれが観たい”と言っていただける、そして自分自身も手応えのある作品はごく限られている。この『フル・サークル』はその中でもいちばん印象深い作品です。それが満を持しての再演。決まった時は本当に嬉しかったですね。『フル・サークル』の魅力は、とにかく本が素晴らしい。謎解きが合って、どんでん返しがあって、次の瞬間に何が起こるかわからないスリルがある。何かひとつのことでたちまち形勢が逆転したり価値観が一変したりする。緊張感とサスペンスの妙味がつまっていながらもテーマ性があって、エンターテイメントとしてよくできた作品だと思います」

―― ローデは強制収容所の事実を白日に晒そうと新聞社に投函するが、それによって7年間もの間、無実の罪で収容されることとなる。物語は、決死の覚悟で脱出したローデが、ヒロイン・アンナの部屋に辿り着いたところから一気に動き出す。

小山「演じる上で心がけておきたいのは、画一的なものにならないようにするということ。ローデは血肉の通った、人間的な魅力にあふれた男。決してはじめからヒーローだったわけではない。いち人間だけれども、こういう立場に置かれた時、こういう行動をとってしまう最後の勇気を持っていたような男だと思うんです。その人間味を大事に演じたいですね」

―― 小山自身、意外にも舞台出演は、2011年の本公演『ある馬の物語』より3年半ぶりとなる。

小山「ありがたいことに、今回は僕の意見やスケジュールを尊重してもらえて、ぜひこれならと出演を決めた作品です。だからもう環境や先輩に感謝して、目いっぱい暴れ回るつもり。役が決まったのが去年の9月のこと。そこからハードトレーニングも続けて、厳しくウェイトコントロールもしています。しっかりヴィジュアル面からも極限状態にあったローデを表現できたら」


インタビュー写真

21年前に諦めた役に、21年の時を経て、ついに挑戦する。
―― そしてヒロイン・アンナを演じるのは斉藤深雪。実はこの役には浅からぬ因縁があるという。

斉藤「実は初演の時にアンナ役でオファーをいただいていたんです。だけど、ちょうど私自身が子どもを授かっていて泣く泣く断念することに。本当にいい役だったから残念で仕方ありませんでした。それがまさか21年経ってやらせていただけるなんて、神様からご褒美をもらった気持ちです」

―― 21年越しに演じる憧れのヒロイン。いち女優として、そこまでに惚れこむ魅力はどこにあるのか。
斉藤「アンナは知的ですし、影もあるし、女性として魅力となる要素をいっぱい持っている女性。それをやらせていただけるなんて、なかなかないこと。物語の中で、その瞬間その瞬間に嘘をつくわけですけど、その一言によって自らの生死を分けることとなる。その瞬間のリアルさをきちんと演じなければならない。これもまた女優として魅力的だし、勝負だと思います」

―― 21年の時を経て、斉藤自身も成熟の時を迎えた。21年前には表現できなかった、今の斉藤だからこそ演じられるアンナに期待したい。

斉藤「当時のような生死の中で生きている人って、現代の私たちより精神的に大人だと思うんですよね。そういう意味では、この21年間の積み重ねがお役に立つかもしれません(笑)。危惧するのは、アンナがローデと恋仲になるということ。“あの人が恋するの?”ってお客様から思われないように、しっかり若々しさも出さないと。21年分の深みと若々しさの両方を見せたいですね」


憎まれるほどに気持ちいい。この悪役を存分に楽しみたい。
―― そしてローデとアンナを追いつめるゲシュタポ隊長・シュミットを演じるのが、島英臣だ。島もまた2001年版の『フル・サークル』で、小山とバトンタッチしてソ連軍大尉を演じている。

島「実は当時の稽古期間はたった2日。すでに通算100ステージ近くやっている強者たちの中に、いきなり放り込まれたんです。あの時はもうまともに立っていたのかも記憶にないくらい(笑)。僕にとって、『フル・サークル』はそんな忘れられない想い出の作品です」


インタビュー写真

―― 物語は、総統ヒットラー死去のニュースが発表された1945年4月30日、そしてその翌日の5月1日が舞台。わずか1日で、ドイツの状況は急転した。
島「その中でシュミットは冷静で、決して狂信的なナチではなく、自分が損をしないように国の行く末をしたたかに見据えていたようなところがある。だから状況によって見え方がコロコロと変わるんです。とにかく生きることに執着した男だし、どんなことをしても死にたくないという男だと思う。時代劇で言うなら、大敵(おおがたき)。憎まれれば憎まれるほどいいわけです。だから僕はこの悪役を思い切り楽しもうかなと思います」

――どんでん返しの連続となるストーリーは、ほぼこの三人によって繰り広げられる。それぞれに長いキャリアを誇る名優たちだが、この三人という顔合わせは意外にも初めてだという。

島「初めてだからと言って心配事も迷いもこれっぽちもない。この三人は誰もじっとしていません。三人が暴れまくる中で、上手くお互いに駆け引きを引っ張り合っていけるか。勢いを殺さないように目いっぱい楽しんで演じたいですね」

エンターテイメントの面白さが凝縮された極上の2時間。

――舞台設定が戦時中だけに一見すると難解な作品にも見えがちだ。だが、決してそれだけではないところに本作の面白さがある。

島「権力による抑圧は、どの時代でも変わらないものがあるんだなって改めて思います。同じようなことがこの舞台でもこの現代でも起きている。今の日本にも十分に置き換えられる作品だと思います」
斉藤「独裁国家だった当時のドイツと、今の日本。何となく似てきた部分があるように思うし、考えなくてはならないこともいっぱいあると思う。だけど、決して堅苦しい作品ではない。特にローデとアンナの戦時下でのラブストーリーは映画の『ひまわり』に共通する所があるかもしれません」
小山「それに加えて、『24』の1stシーズンのような(笑)サスペンスの妙味、それにハリソンフォードの『逃亡者』のようなアクションもある。言うならば、『24』と『逃亡者』と『ひまわり』がひと部屋にギュッとつめこまれた作品です! 必ず笑えるところもあるし、絶対に飽きないと思いますよ」

(取材・文&撮影:横川良明)

キメ画像2

PROFILE

斉藤深雪(さいとう・みゆき)のプロフィール画像

● 斉藤深雪(さいとう・みゆき)
1月4日生まれ。東京都出身。1978年、俳優座入団。近年の俳優座出演作品に『先生のオリザニン』『とりつくしま』など。また、『運転免許私の場合』『不思議なバーバ』など外部の作品にも意欲的に取り組んでいる。

島英臣(しま・ひでおみ)のプロフィール画像

● 島英臣(しま・ひでおみ)
3月11日生まれ。愛知県出身。1984年、俳優座入団。近年の俳優座での出演に『東海道四谷怪談』『気骨の判決』があるほか、テレビドラマ『刑事の証明』シリーズにもレギュラー出演。また、西友やパナソニック、アメリカンホーム・ダイレクトなどのCMにも出演している。

小山力也(こやま・りきや)のプロフィール画像

● 小山力也(こやま・りきや)
12月18日生まれ。京都府出身。1988年、俳優座入団。以降、本公演にて主要な役を数々演じるほか、声優としても活躍。ジョージ・クルーニー、キーファー・サザーランドらの声を多く吹き替えている。中でも『24』シリーズのジャック・バウアー役は代表作のひとつ。また、09年からはアニメ『名探偵コナン』の毛利小五郎の声も担当している。

● 劇団俳優座
1944年2月、青山杉作、千田是也、東野英治郎、小沢栄太郎、東山千栄子、岸輝子ら10名の同人をもって設立。以来、日本を代表する劇団のひとつとして、半世紀余にわたって数々の名作を発表し続けている。

公演情報

「フル・サークル〜ベルリン1945〜」のチラシ画像

劇団俳優座
フル・サークル〜ベルリン1945〜


2015年5月14日 (木) 〜2015年5月21日 (木)
紀伊國屋ホール
HP:公演ホームページ

16名限定!A席5,400円 → 4,600円さらに2,300Pゲット!(5/14 17時00分〜ポイントUP中!)

詳細はこちら

「フル・サークル〜ベルリン1945〜」のチラシ画像

劇団俳優座
フル・サークル〜ベルリン1945〜


2015年5月14日 (木) 〜2015年5月21日 (木)
紀伊國屋ホール
HP:公演ホームページ

A席:5,400円(税込)

詳細はこちら