入稿データに関してのご注意点

初めに必ずお読み下さい

入稿可能なデータ形式

入稿形式は、基本的にAdobe Illustrator(.ai)かAdobe Photoshop(.psd)でお願いします
PDFでのご入稿は変換料が発生いたします。【台本印刷のみ、全てPDFでのご入稿(追加料金なし)】
Windows/Macはどちらでも問題ありません。
Illustrator、Photoshop共に最新バージョンまで対応しております。
  • Photoshop Elementsの場合は、弊社にてカラーモード変換が必要となりますので別途作業代が発生いたします。
    [片面につき1,900円・両面で3,800円(税別)]
その他のソフトで作成されたデータに関しては「Illustrator/Photoshop以外のソフトの方はこちら」をご覧ください。

確認用見本データの添付

必ず出力見本画像データ(JPGまたはPDFに書き出したもの)を添付してください
出力紙を送付されても、校正として使用できかねます。
出力見本画像データは、画像や文字などの大きな抜け落ちがないかなど、印刷用のデータが最終状態のものであるかをおおまかに確認するためのものです。データの詳細な違い(文字の間違い、画像の違いなど)については確認できませんのでご了承ください。

仕上がりサイズについて

実際に印刷する(塗り足しを含めた)最終の仕上がりサイズでの入稿をお願いします
特にポスターなどの印刷の場合、チラシサイズのデータを送付いただいても印刷できませんのでご注意ください
(リサイズには別途費用が必要になります[片面3,810円]

データの圧縮

データを送る際は、必要なデータを一つのフォルダにまとめて入れ、フォルダごと圧縮して送付ください
zip・sit形式でお願いします。
圧縮後は、絶対にフォルダ名を変えないでください。
ファイル名は半角英数字にしてください。全角日本語のファイル名は文字化けしたり、転送中にデータが破損する危険性があります。
必ず拡張子(.aiなど)をつけてください。

《データチェック対象外の注意事項》

以下の内容はデータチェックにて確認させていただく対象にならず、ご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい
1
オーバープリントについてIllustrator

イラストレーターの「塗り(線)にオーバープリント」 という機能をオンにすることによってノセ(オーバープリント)になる機能がありますが、オーバープリントの設定は行わないようにお願いします。
文字の一部が印刷されないなど、意図しない仕上りになる場合がございます。

確認方法
ウィンドウ→分版プレビュー→オーバープリントプレビュー にチェックを入れたときの状態で印刷されます。

2
透明機能についてIllustrator

イラストレーターの透明機能を使用される場合、透明効果が消えてしまうなど、必ずしもイメージ通りにならない場合がございますのでご了承の上ご使用ください。
透明効果が消えてしまうのを防ぐには、イラストレーターでレイヤーを 1 つに統合していただくことをお勧めいたします。

確認方法
ウィンドウ→分版プレビュー→オーバープリントプレビュー にチェックを入れたときの状態で印刷されます。

3
ブラックオーバープリント(スミノセ)についてIllustrator / Photoshop共通

弊社ではK100%の文字や図形などのベクトルデータに対してのみ、自動的にノセ(オーバープリント)の処理を致します。
その為、黒の下の色が均一でなく、黒の下の色が複数あり差が大きい場合に、下にある絵柄が透けた様に見えてしまうことがあります。

対策
K100%の設定のみが自動的にノセ(オーバープリント)の処理になる特性を利用し、K100%にC・M・Yの色をいずれか 1%でも混ぜます。
それにより、ブラックオーバープリントの処理はされずにヌキ合わせの処理となります。

4
極細線(ヘアライン)についてIllustrator / Photoshop共通

「線幅がゼロ(空欄)」のライン(罫線)のことをヘアラインと呼びます。
画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、本機による印刷では、かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。
また、線幅が「0.3pt」以下の設定の場合、ヘアラインと同様、かすれなどの原因となりますのでご了承下さい。