お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

劇団●天八 イシフク物語

公演期間

2015年7月25日 (土) 〜2015年7月26日 (日)

会場

ブディストホール

取扱チケット

全席自由(前売):4,000円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 近隣の茶畑が色合いを深くする季節。静岡市にある石材店、株式会社イシフクに男性が一人訪れる。

「イシフクさんってこちらですよね?」
「いらっしゃいませ。どうぞ、お掛けになってください。」
「墓、・・・あの、お墓を立てたいのですが。イシフクさんがいいですよって、知人が。」
「ああ、そうですが。それはありがとうございます。私、イシフクの望月松二と申します。」
「あ、お世話になります。私、富永と申します。」

松二ははっとした。
ゆっくりと「偶然」という歯車が回りだした。

イシフクは創業100年を迎える静岡の老舗石材店だ。初代、望月福太郎。二代目が望月松二。三代目威男。そして現社長の秀康は四代目である。

二代目の望月松二18歳のころ。
1923年(大小12年)9月1日 マグニチュード7.9という未曽有の大地震が日本を襲った。関東大震災である。
18歳にして静岡市北部青年団の団長を務めていた松二は、市内の安西通りから北の青年団員を静岡駅に集めた。
「今から俺たちで、震災支援に向かう。いいか、怪我だけはするな。」
松二の言葉に、青年団員たちの顔が精悍に引き締まる。
総勢200人の職人を引き連れ、駅の改札で「震災信仰の支援に行く。協力してほしい。」と駅員に申し入れる松二。
駅員は「無賃で乗せることはできない」と答え、慌てて駅長に報告にゆく。駅長室から
「駅長の富永だ。この職員から説明があった通りだ。無料で乗せるわけにはいかない。」

にらみ合う双方。しばしの静寂。じっと黙っている松二。
次の瞬間だった。
「お前ら!飛び乗れ!」松二の声が響く。
わっと客車に飛び乗る職人達。
「おいっ!運転手!汽車だしちまえっ!」
松二のあまりの剣幕に慌てて汽笛を鳴らし、出発進行を告げる運転手。不意をつかれ、あっけにとられる駅長。静岡の職人軍団を載せた汽車の車輪が、力強く線路に音を刻んだ。
東京はもちろん、神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・茨城にまで被害が及んだ未曾有の大災害、関東大震災。被災者340万4898人、死者9万9331人。
松二率いる青年団員は、持てる力、技術を最後まで振り絞った。大活躍であったのは間違いない。その証拠に、帰り道では多くの人々に賞賛、感謝された。もちろん、帰りの運賃は「無料」であった。
そして、静岡駅で最敬礼をして彼らを迎えた一人の駅長の姿があった。「富永である」。
縁とはとても数奇なものである。
公演ホームページ http://www.tenpachi.jp/
出演 福満”グリズリー”ヒロユキ(劇団●天八) / HISAKO(劇団●天八) / SACHI(劇団●天八) / 加藤崇幸(劇団●天八) / 布川紗希(劇団●天八) / 氏平充信(劇団NEXTf) / 内田貴之(アズリードカンパニー) / 後藤典亮湖山博之(演劇集団☆ゴサンケ) / DEW松井美里(劇団シンデレラ) / 真延心得(劇団裏長屋マンションズ)
スタッフ 脚本・演出: 福満”グリズリー”ヒロユキ / テクニカル総括: 高月佑介(セカンドステージ) / 舞台監督: 亀岡邦広(Kame & Co.) / 衣装: 布川紗希 / パンフレットデザイン: CAORU / 企画・制作: 劇団●天八
公演スケジュール <期間>
2015年7月25日 (土) 〜2015年7月26日 (日)

<公演日・開演時間>
7月25日(土)15:00/18:30
7月26日(日)11:30/15:00
※上演時間 約1時間45分
チケット 全席自由(前売):4,000円
当日:4,500円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):4,000円(税込)
会場 ブディストホール
備考
団体概要 ある時はセンチメンタリズム溢れる民族ヒューマンドラマを上演し、またある時は世界の謎に挑む冒険者達の物語をスピード感溢れるステージで展開。

そうかと思えば、切ない位の恋人達の「愛のすがた」を渾身のパワーで演じきる・・・
決して小細工はしない、ただひたむきに全力で駆けてゆく。

全身全霊の一杯一杯。たとえ小さくたって、決して手は抜かない!そして何より「コンサートよりも"ライブ"が大好き!」

この想い胸に、夢とロマンと冒険をこよなく愛するパフォーマー達の集団が、我々TENPACHI』です。

それでは皆様、「劇場にて!」

関連サービス


ページトップへ