お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


神遊 神遊 最終公演 第50回公演20周年記念【姨捨】

公演期間

2016年3月20日 (日・祝)

会場

国立能楽堂

取扱チケット

SS正面席:15,000円
S正面席:13,000円
C正面席:9,000円
A脇正面席:11,000円
C脇正面席:9,000円
D脇正面席:7,000円
B中正面席:10,000円
D中正面席:7,000円
GB席:7,000円
(税込)

  • 追加販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 あらすじ
狂言「土筆」(どひつ)
男が友人を誘って春の野遊びに出かける。つくしや芍薬を見て古歌や歌を詠み合うが、お互いの歌のおかしいところを指摘し合ううちに、相撲をとることになる。

能「姨捨」(おばすて)
古来より月の名所である信濃の国・更級。都の男たち(ワキ・ワキツレ)が秋の月見に姨捨山を訪れる。
里女(前シテ)が現れ、姨捨の跡を尋ねる男の問いに、昔この山に捨てられた女の詠んだ歌をもって跡を教え、自分もまた捨てられた者であると、いまだ晴れぬ心を語って立ち去る。<中入>月見の里人(アイ)が現れ、男たちに姨捨の物語を聞かせる。夜更け、白い衣をまとった老女が現れ、姨捨山の月を讃え、かつての月光の下での遊びに思いを馳せ、仏説を語って静かに舞を舞う。明け方、山を去る都人を見送ると、老女はひとり寂しく残される。世阿弥作、シテのみならず各役すべてに秘伝のある、最奥義の曲。
公演ホームページ http://www.kamiasobi.com/
出演 神遊: 一噌隆之柿原弘和観世新九郎観世元伯観世喜正 / ゲスト: 観世清和梅若玄祥、観世銕之丞、観世喜之片山九郎右衛門山本東次郎宝生欣哉山本泰太郎 / 他
スタッフ 制作・演出 神遊: 一噌隆之柿原弘和観世新九郎観世元伯観世喜正
公演スケジュール <公演日>
2016年3月20日 (日・祝)

<公演日・開演時間>
3月20日(日)
12:30開場
13:30開演
17:00終演予定
※上演時間 約3時間30分(休憩あり)
チケット 前売:
SS正面席15,000円 S正面席13,000円 C正面席9,000円
A脇正面席11,000円 C脇正面席9,000円 D脇正面席7,000円
B中正面席10,000円 D中正面席7,000円 GB席 7,000円
当日:
SS正面席15,000円 S正面席13,000円 C正面席9,000円
A脇正面席11,000円 C脇正面席9,000円 D脇正面席7,000円
B中正面席10,000円 D中正面席7,000円 GB席 7,000円
その他:
学生券:D席またはGB席4,000円(要学生証・未就学児童入場不可 神遊事務局のみにて販売)
club神遊会員は割引と先行予約を別途ご案内しています。
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
SS正面席:15,000円
S正面席:13,000円
C正面席:9,000円
A脇正面席:11,000円
C脇正面席:9,000円
D脇正面席:7,000円
B中正面席:10,000円
D中正面席:7,000円
GB席:7,000円
(税込)
会場 国立能楽堂
備考
団体概要 「神遊」 能楽師5名(一噌隆之 柿原弘和 観世新九郎 観世元伯 観世喜正)が、世代を問わず能楽を「楽しく」みていただきたいと1997年から活動しているグループです。此度の第五十回公演を機に、最奥義曲「姨捨」を最終公演とさせて頂きます。

関連サービス


ページトップへ