お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

江口・宮アーカイヴ『プロメテの火』 再炎 江口隆哉・伊福部昭による最高傑作

出演:首藤康之 中村恩恵 他

公演期間

2016年5月28日 (土) 〜2016年5月29日 (日)

会場

新国立劇場 中劇場

取扱チケット

S席:6,000円
A席:5,000円
B席:4,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★カンフェティ5月号インタビュー掲載記事はコチラ!

「プロメテの火」 ストーリー
遠い万年の、ギリシャのむかしの神話時代の出来事である。
そのころ人間は、まだ火を持たなかった。
そのさまを深く哀れんで、プロメテは、人間に火を与えるよう、大神ジュピターに懇願して拒否された。人間の力がやがて神に迫ることを怖れたからである。
 大神ジュピターは美しい少女アイオを愛していたが、それを知ったジュピターの妃ジュノーは、アイオを牝牛の姿に変えて了った。
快々として、プロメテは、とある海辺に一茎のよく乾いた葦を見出し、勇躍して日輪に駆け寄り、火を盗んで、憐れな人間たちに分かち与えた。
人間たちの歓喜にひきかえ、プロメテは捕えられて、コーカサスの山巓の岩につながれる。激しい暴風雨に曝され、嶺に巣喰う黒鷲は日毎にプロメテの肉を喰らい、肝をついばむが、プロメテは赦しも乞わず、また悔ゆることもなかった。
実にながい年々月、プロメテは山巓に曝された。人間たちは、あまたび麓に来ては。この神を仰いで感謝の涙を流した。
或る日或る時、麓を過ぎる一頭の牝牛があった。プロメテは慈悲の眼でアイオである牝牛を見下ろし、決して希望を失ってはならないことを訓える。南に行き更に西に遠く行くとナイルの岸辺に出る。
そこでアイオの牝牛はふたたび美しい少女の姿にかえる。やがて国王の妃となり、その末裔である勇士ハリキューズがプロメテの鎖を断ち切るであろうことを予言する。

第1部  ピアノ演奏 河内春香
宮操子 「春を踏む」
1943年初演 於:大阪大手前軍人会館  曲:宅 孝二 出演:坂本秀子
江口隆哉「スカラ座のまり使い」
1935年初演 於:大阪朝日会館 曲:シューベルト 出演:木原浩太
宮操子「タンゴ」 
1933年初演  於:バッハザール(ベルリン) 曲:ドナートゥ 出演:中村恩恵

第2部
プロメテの火
プロローグ
第一景 火なき暗黒
第二景 プロメテのソロ
第三景 火の歓喜
第四景 コーカサスの山巓
エピローグ
公演ホームページ http://xn--u9jwjxbyb5c6948c.jp/home/
出演 首藤康之 / 中村恩恵坂本秀子木原浩太市伊孝松永雅彦清水フミヒト山本裕白髭真二 / 林敏秀 / 鈴木泰介 / 大前裕太郎 / 加藤明志 / 小林久美子平多利江宮本舞桑島二美子 / 北島栄 / 石井里奈 / 小川麻里子 / 菅原はる菜津田ゆず香柴野由里香飯塚真穂吉垣恵美松本直子鈴木いづみ玉田光子小俣香織小俣裕美齊藤幸恵小倉藍歌猪野沙羅 / ほか
スタッフ プロメテの火原案: 菊岡久利 / 構成・振付: 江口隆哉宮操子 / 芸術監督・演出: 金井芙三枝 / 音楽: 伊福部昭
公演スケジュール <期間>
2016年5月28日 (土) 〜2016年5月29日 (日)

<公演日・開演時間>
05月28日(土) 18:00
05月29日(日) 15:00
チケット S席:6,000円
A席:5,000円
B席:4,000円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:6,000円
A席:5,000円
B席:4,000円
(全席指定・税込)
会場 新国立劇場 中劇場
備考 ※やむを得ない事情で国もしくは自治体などの指示による公演中止の際は入場料をお返しできない場合があります。
団体概要 団体ホームページ
一般社団法人 現代舞踊協会

関連情報

関連サービス


ページトップへ