お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

野生児童 野生児童Wプロデュース企画vol.1 流砂ゑ堕つ

公演期間

2016年9月29日 (木) 〜2016年10月2日 (日)

会場

下北沢「劇」小劇場

取扱チケット

全席自由(前売):3,700円
全席自由(前売・平日昼公演):3,500円
全席自由(前売・公開ゲネプロ):3,000円(税込)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 <今公演の目指すところ>

野生児童は、これまで第1弾、第2弾と出演者の特徴と、彼ら・私自身の実話に基づいて脚本を執筆し、群像劇という形式で作品を創ってきた。

第3弾は役者有田杏子としても、野生児童としても飛躍する企画としたい。演出・脚本によって役者の持ち味を活かす、ではなく、各々の持ち味をお互いに高め合いつつ作品の濃度を濃くしてみたい。

そのため、今までと全く違う「濃厚な会話劇」を上演するという結論に至った。


<ダブルプロデュースの経緯>

ダブルプロデュースをすることになったのは、前回公演「ガムシャリズム」で、主宰、作、演出、役者、舞台監督と幅広い才能を持つ新里哲太郎さんと出会い「この人と企画から立ち上げてみたらどれだけ楽しいだろう」という思いが強くなり今回の企画に至った。


<古典を題材にする理由>

私は一体どんな物語が好きなのか、観たい、上演したいと思うのかを追求した結果、「人間のかわいらしい部分、汚い部分」が見える物語だった。張義信さんや、園子温さんの作品が大好きだ。そして、彼らがどんな戯曲を研究しているのかと探った結果、近松門左衛門にたどり着いた。

そのため、今回はオリジナルというよりは近松門左衛門を研究しつつ、かつそれを私らしくアレンジした作品を、濃度の濃い・実力のある役者たちと作り上げてみたいと思う。
公演ホームページ http://www.yaseijidou.com/
出演 高橋良輔橋本仁岸田エリ子(演劇ユニット ルソルナ) / 大橋繭子(演劇集団 円) / 河内大和(カクシンハン) / のぐち和美(青蛾館/カクシンハン) / 新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール/T-produce) / 有田杏子(劇団鹿殺し/野生児童)
スタッフ 原作: 近松門左衛門(女殺油地獄) / 脚本: 有田杏子 / 演出: 新里哲太郎 / 演出助手: 吉岡瞳 / 作曲: 奈緒美フランセス / 音響: 小川陽平 / 照明: 申政悦(untitled light) / スチール・デザイン: amy / web: 石井絵里香 / 制作: 石上卓也
公演スケジュール <期間>
2016年9月29日 (木) 〜2016年10月2日 (日)

<公演日・開演時間>
9 月 29 日(木) ~ 10 月 2 日(日)
全8ステージ(公開ゲネプロ含む)
9 月 29 日(木)15:00 公開ゲネプロ/19:00
9 月 30 日(金)14:00/19:00
10 月 1 日(土)14:00 /19:00
10 月 2 日(日)13:00/17:00
※上演時間 約2時間
チケット 前売:平日昼公演3,500円、一般3,700円
当日:平日昼公演3,500円、一般3,900円
その他:公開ゲネプロ3,000円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):3,700円
全席自由(前売・平日昼公演):3,500円
全席自由(前売・公開ゲネプロ):3,000円(税込)
会場 下北沢「劇」小劇場
備考
団体概要 有田杏子主宰によるプロデュースユニット。

劇団鹿殺しに所属し、俳優としても活動中の有田杏子がジャンルを飛び越えて一番気になる個性的な役者を集めて作品を創る。
できない理由より、どうしたら実現できるかを考える前のめりな姿勢が特徴である。

各々の人間性を生かす作品作りを基本とする。

「カテゴリー」を飛び越え、最も気になる表現者とテーマを掛け合わせ、他にはない組み合わせ、表現を独自に追及していく。

モットーは「やりたいことを、真摯に実現」である。

関連情報

関連サービス


ページトップへ