お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


石神井バレエ・アカデミー 石神井バレエ・アカデミー公演 トリプル・ビルTriple Bill― 吉田都 酒井はな 高岸直樹ほか出演

文京シビックホール 大ホール公演

公演期間

2017年7月4日 (火)

会場

文京シビックホール・大ホール

取扱チケット

S席(前売):10,000円
A席(前売):8,000円
B席(前売):6,000円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

抱腹絶倒 三遊亭多歌介 落語LIVEのチラシ画像

抱腹絶倒 三遊亭多歌介 落語LIVE

2017年12月9日 (土)

きもの利久(福岡県太宰府市)

こどもオペラ「魔法の笛」のチラシ画像

こどもオペラ「魔法の笛」

2018年3月10日 (土)

野田市文化会館(千葉県)

松元ヒロ・ソロライブ in おおみや 2018のチラシ画像

松元ヒロ・ソロライブ in おおみや 2018

2018年1月27日 (土)

さいたま市民会館おおみや 小ホール

12月 Discover BUNRAKU -外国人のための文楽鑑賞教室のチラシ画像

12月 Discover BUNRAKU -外国人のための文楽鑑賞教室

2017年12月18日 (月)

国立劇場小劇場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★カンフェティ6月号インタビュー掲載記事はコチラ!


吉田都と高岸直樹 20年ぶりの共演。吉田と酒井 心踊る夢の共演。7月4日、一夜限りの幕が上がります。二度とは観られない舞台をお見逃しなく!
吉田、酒井、西田、沖、現代を代表する、世代の異なる女性ダンサー4名による『パ・ド・カトル』、ピアソラの音色と共に男性ダンサー6名が踊る『一枚の絵』、ヴェルディの音楽にのせて贈る『四季』。

吉田、高岸とも、初の演目に挑む本舞台への意気込みを語る。

吉田「バレエ団の垣根を越えて、これだけのキャストが集まるのはなかなかないこと。だからこそのヒリヒリ感みたいなものを出せたらいいですね。一人ひとりがプライドと実績を持ったバレリーナがやるからこそ面白い作品になると思う」

高岸「負けていられない、みたいな気持ちはやっぱりありますよ。後輩である彼らがいいダンサーだっていうのは分かっているから、自分はもっと頑張らないとって思います。いい意味での張り合いで相乗効果が生まれれば」

ご期待ください!


演目:
『パ・ド・カトル』
音楽:プーニ  原振付:ドーリン

『一枚の絵』
音楽:ピアソラ  作・演出・振付:山崎敬子

『四季』
音楽:ヴェルディ  作・演出・振付:山崎敬子

・出演者の吉田都と高岸直樹の公演に向けての対談がフリーペーパー『Confetti』6月号に掲載されています。掲載記事はこちら:https://goo.gl/qqmWTK


・Webマガジン「Dancers」に公演についての記事が掲載されております。掲載記事はこちら:https://goo.gl/Rcu49D
公演ホームページ http://www.shakujii-ballet.com/
出演 吉田都酒井はな西田佑子沖香菜子(東京バレエ団) / 高岸直樹秋元康臣(東京バレエ団) / 浅田良和池本祥真細野生(牧阿佐美バレヱ団) / 土橋冬夢(NBAバレエ団) / 南雲久美山口麗子安藤貴絵佐藤さやか児玉海歩泉有香
スタッフ 演出・振付: 山崎敬子
公演スケジュール <公演日>
2017年7月4日 (火)

<公演日・開演時間>
7月4日(火)18:30
※約2時間
チケット 前売:S席10,000円、A席8,000円、B席6,000円
当日:S席10,000円、A席8,000円、B席6,000円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
S席(前売):10,000円
A席(前売):8,000円
B席(前売):6,000円(税込)
会場 文京シビックホール・大ホール
備考 チケットは、以下をご了承の上、ご購入ください。
◎出演者は2017年3月6日現在の予定です。病気や怪我など、やむを得ない事情により出演者が変更になる場合があります。公演中止を除き、チケットの変更および払い戻しは致しません。
◎未就学児のお子様のご入場は出来ません。
◎必ずお一人一枚のチケットが必要です。
団体概要 1982年創立の外崎芳昭と山崎敬子が主宰するバレエの団体です。バレエの教育とプロフェッショナルのダンサーによる公演活動を行っています。『くるみ割り人形』全幕、『コッペリア』全幕といった古典作品のほか、『MICHINOKU』、『四季』、『一枚の絵』などの山崎敬子による創作作品を上演。2012年には『バレエ・ラビリンス』を初演。2014年には、吉田都を特別出演として迎えて『バレエ・ラビリンス』を再演。全国のバレエに馴染みのない子どもたちへの普及活動(学校公演・学校講習会)にも力を入れています(文化庁「文化芸術による子供の育成事業」による活動)。

関連情報

関連サービス


ページトップへ