お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

写真展&インスタレーション JAPAN Through CANADA’s Gaze:外から見た日本と日本人作曲家の交差点

公演期間

2017年3月26日 (日)

会場

両国門天ホール

取扱チケット

全席自由(一般):1,500円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 写真展&インスタレーション
日本を旅しているカナダ人の視点からカメラを通した日本と、西洋音楽の影響を多分に受けた日本で生まれたピアノ作品が出会う交差点が出現します。日本をインサイドアウトに眺めることで、住んで生活をしている私たちにとってはあまりに当たり前で何も感じなくなった日常空間の中に、生身の今の日本を発見することができました。そんな複雑な文化が生んだピアノ作品が日本を映し出す写真と交差します。

プログラム:
武満徹
「雨の樹素描I」
「雨の樹素描II ーオリヴィエ・メシアンの追憶にー」
「閉じた眼II」

三善晃
「アン・ヴェール」
「ピアノのためにー円環と交差ーI」
「ピアノのためにー円環と交差ーII」
公演ホームページ http://www.monten.jp/20170326
出演 写真アーティスト: Daria Gamliel / ピアノ: 小島由記子
スタッフ 主催: Daria & Yukiko
公演スケジュール <公演日>
2017年3月26日 (日)

<公演日・開演時間>
3月26日(日)14:00/17:00
※上演時間 約1時間
チケット 前売:一般1,500円、門天会員1,200円
当日:当日1,800円、門天会員1,200円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):1,500円(税込)
会場 両国門天ホール
備考
団体概要 小島由記子:ピアノ
長野県出身。2007年カナダ、マギル大学音楽学部ピアノ科卒業。ピアノ本科教授、橋本京子氏に師事。在学中ウラディミー
ル・エルガート・アワード、ブルノー・プライズ受賞。卒業時にはピアノにおいて最も優れた学生に与えられるOutstanding
Achievement in Piano受賞。その他に畔上恭子、范絵美の各氏に師事、マスタークラスにおいてはロバート・シルバーマン、サラ・デイヴィス・ビュクナー、サラ・ライモンの各氏に師事。帰国後、第2回マスターズ・ピアノコンクールにて優秀賞受賞(最優秀賞なし)、すみだトリフォニーホールにて入賞者コンサート出演。飯田交響楽団とのラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲』、アンサンブル・ファンファールとのガーシュウィン『ラプソディー・イン・ブルー』等、地元の音楽団体との共演も積極的に行う。2009年にはラフマニノフピアノ協奏曲第3番を披露。主に20、21世紀の音楽とその理論の研究に献身し、演奏会は常にメディア、聴衆より賞賛を得る。主なレパートリーにケージ、ブーレーズ、カプースチン、武満徹、クセナキス、リゲティ、シュトックハウゼン、バーバー、デュティユー、三善晃などがある。


ダリア・ギャームリエル(Daria Gamliel):写真
カナダのコンコルディア大学映画アニメ学部卒。2006年、眼の出血により視覚にダメージを受けたが、短期間の休養を経て、新たな視点を持って写真の世界に戻った。歪みと奥行き知覚の喪失は芸術家としての彼女に、普段とは異なる見方をもたらした。彼女の写真は抽象化と近接撮影を多用し、質感と色彩を追求する。アニメ専攻であったこともユーモアと驚きの感覚が作品ににじみ出る影響を与えているかもしれない。また、日本文化へ深い関心を持って日本を旅し、外国人としての視点から(少し歪められた視界も含めて)この国を探索してきた。その限定された長方形のフレームの中に見る物事には、社会的主張や比較研究となるものがある。そこに住む人たちよりも低速モードで生活を「見る」ことが可能な「旅行者」としての時間感覚を重視し、対象から得た感覚をフォトフレームを通して他者と共有する。

関連サービス


ページトップへ