お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

新国立劇場 2017/2018シーズン 神々の黄昏

指環を巡る壮大な物語がいよいよ完結!

公演期間

2017年10月1日 (日) 〜2017年10月17日 (火)

会場

新国立劇場 オペラパレス

取扱チケット

S席:27,000円
A席:21,600円
B席:15,120円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

アラジン[東京公演/2018年12月]のチラシ画像

アラジン[東京公演/2018年12月]

2018年12月1日 (土) 〜2018年12月31日 (月)

大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]


公演情報詳細・注意事項

公演内容 圧倒的なカタルシス!指環を巡る壮大な物語がいよいよ完結

新国立劇場開場20周年記念となる2017/2018シーズンは、『神々の黄昏』で開幕します。ワーグナーの楽劇四部作「ニーベルングの指環」の掉尾を飾る名作で、世界を支配する野望が潰えて神々が滅亡してゆくさまが描かれ、この巨大な楽劇の全容が明らかになります。新国立劇場が3シーズンにわたり新制作上演している「指環」四部作がいよいよここに完結します。
ゲッツ・フリードリヒ演出は、フリードリヒ独特の洞察で登場人物の内面を浮き彫りにし、「指環」のドラマに観客を無理なく引き込みます。指揮は前3作に続き飯守泰次郎芸術監督が務め、読売日本交響楽団が新国立劇場のオーケストラピットに初めて入ります。出演者には、ジークフリートに世界最高峰のヘルデン・テノールで、このシリーズで「指環」主要テノール四役出演という偉業に挑んでいるステファン・グールド、ブリュンヒルデには圧倒的ワーグナー・ソプラノのペトラ・ラング、グンターはワーグナー作品で欧州各地に次々と出演しているアントン・ケレミチェフ、ハーゲンにはアルベルト・ペーゼンドルファー、そしてヴァルトラウテには名メゾ・ソプラノとして絶大な人気を誇るヴァルトラウト・マイヤーが新国立劇場に初登場します。


ものがたり
【序幕】運命の女神ノルンが綱を綯(な)ううちに切れてしまい、運命に見捨てられたと嘆く。ジークフリートとブリュンヒルデが現れ、夫は妻に指環を与えてから旅立つ。

【第1幕】ギービヒ家。家長のグンター、妹グートルーネ、異父弟ハーゲンがジークフリートの噂をし、ハーゲンはグンターにブリュンヒルデとの結婚をしきりに勧める。そこにジークフリートがくる。忘れ薬を口にした彼は過去を忘れ、目の前のグートルーネに惹かれる。グンターは彼に「ブリュンヒルデを自分の妻として連れてきたら、妹を嫁にやる」と告げる。ブリュンヒルデの前にヴァルトラウテが現れ、指環をラインの乙女たちに返すよう説得するが、彼女は応じない。ジークフリートが隠れ頭巾で変装してブリュンヒルデから指環を奪い、彼女を連れ去る。

【第2幕】ハーゲンの夢に父アルベリヒが現れて「指環を乙女たちに渡すな」と告げ、ハーゲンは指環奪還を誓う。ブリュンヒルデを伴って現れたグンターは、「自分と彼女、妹とジークフリートの結婚式だ」と宣言する。ブリュンヒルデは驚愕、ジークフリートの指にある指環を目にし復讐を誓う。怒りと絶望の中、彼女はハーゲンに「ジークフリートの急所が背中にある」と教えてしまう。

【第3幕】ラインの乙女たちがジークフリートに指環の恐ろしさを教えるが、彼は理解しない。ハーゲンとグンターが現れ、ハーゲンが隙をついてジークフリートの背中を槍で突き殺す。人々は遺骸をギービヒ家に運ぶ。ハーゲンは指環を要求し、グンターを殺す。ブリュンヒルデが現れ火葬のための薪を用意させ、夫の遺骸から指環を抜き取り、愛馬に跨って炎の中に突き進む。ライン河が炎に流れ込み、乙女たちは指環を取り戻し、ハーゲンは水中に引きずり込まれる。炎は天上のヴァルハル城も焼き尽くす。
公演ホームページ http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_009635.html
出演 ジークフリート: ステファン・グールド / ブリュンヒルデ: ペトラ・ラング / アルベリヒ: 島村武男 / グンター: アントン・ケレミチェフ / ハーゲン: アルベルト・ペーゼンドルファー / グートルーネ: 安藤赴美子 / ヴァルトラウテ: ヴァルトラウト・マイヤー / ヴォークリンデ: 増田のり子 / ヴェルグンデ: 加納悦子 / フロスヒルデ: 田村由貴絵 / 第一のノルン: 竹本節子 / 第二のノルン: 池田香織 / 第三のノルン: 橋爪ゆか / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 管弦楽: 読売日本交響楽団
スタッフ 指揮: 飯守泰次郎 / 演出: ゲッツ・フリードリヒ / 美術・衣裳: ゴットフリート・ピルツ / 照明: キンモ・ルスケラ
公演スケジュール <期間>
2017年10月1日 (日) 〜2017年10月17日 (火)

<公演日・開演時間>
10月01日(日) 14:00
10月04日(水) 16:00
10月07日(土) 14:00
10月11日(水) 14:00
10月14日(土) 14:00
10月17日(火) 16:00

※予定上演時間:約6時間(休憩含む)
※開場は、開演の45分前です。
チケット S席:27,000円
A席:21,600円
B席:15,120円
C席:8,640円
D席:5,400円
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
S席:27,000円
A席:21,600円
B席:15,120円
(全席指定・税込)

会場 新国立劇場 オペラパレス
備考 ※開演後のご入場は制限させていただきます。
※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
 お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、
 舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ