お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


贅沢貧乏 芸劇eyes 贅沢貧乏『フィクション・シティー』

公演期間

2017年9月28日 (木) 〜2017年10月1日 (日)

会場

東京芸術劇場シアターイースト

取扱チケット

全席自由(前売):4,000円
U25引換券(前売):3,000円
※U25は要証明書。各回枚数限定
(税込)

  • 追加販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ”今、大注目の若手劇団”贅沢貧乏”、史上最年少で芸劇eyesに登場!”
旗揚げから5年。劇場・一軒家・アパート・ビルの一室で次々と作品を発表してきた”贅沢貧乏”。
舞台と客席、現実と異世界、正常と狂気の境界線をシームレスに行き来する作風で、現代の日本社会が抱える問題をポップに、かろやかに浮かび上がらせる。

”物語が人々に与える希望と絶望。東京という大都市が見せているもの、それが隠しているもの―。”
東京という大都市で生まれ育ち、東京の下町に住みながら人々の生活、息づかいを物語(フィクション)として紡いできた、平成生まれの若き劇作家・演出家 山田由梨が、いま見つめている『フィクション・シティー』とは。
公演ホームページ https://zeitakubinbou-fictioncity.tumblr.com/
出演 田島ゆみか大竹このみ / 神崎れな / 猪俣三四郎和田瑠子野口卓磨森準人猪瀬青史山田由梨
スタッフ 作・演出: 山田由梨 / 舞台美術: 佐々木文美 / 舞台監督: 佐藤恵 / 照明: 阿部将之(LICHT-ER) / 音響: 星野大輔(サウンドウィーズ) / 音楽: 阿部文平 / 衣装: 山口大樹 / 振付: 武井琴 / プロジェクション: 岸本智也 / 宣伝美術: 美山有 / 制作: 堀朝美 / 制作補佐: 松本芽生、木村彩花 / 製作統括: 狩野直人 / 企画制作: 贅沢貧乏 / 製作: 贅沢貧乏、株式会社アプレ / 協力: アミューズ、サウンドウィーズ、ダックスープ、ナイロン100℃、湯ぶね、kitokito、LICHT-ER / 稽古場協力: K’s スタジオ / 主催: 贅沢貧乏 / 提携: 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団) / 助成: 芸術文化振興基金
公演スケジュール <期間>
2017年9月28日 (木) 〜2017年10月1日 (日)

<公演日・開演時間>
2017年
9月28日(木)19:30
9月29日(金)14:00★/19:30
9月30日(土)13:00/18:00★
10月1日(日)13:00
★…アフタートークあり
チケット 前売:一般 4,000円、U25 3,000円
当日:一般 4,500円、U25 3,500円
※U25は要証明書。各回枚数限定
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):4,000円
U25引換券(前売):3,000円
※U25は要証明書。各回枚数限定
(税込)
会場 東京芸術劇場シアターイースト
備考
団体概要 2012年旗揚げ。山田由梨(劇作家・演出家・女優)主宰。 舞台と客席、現実と異世界、正常と狂気の境界線をシームレスに行き来しながら、現代の日本社会が抱える問題をポップに、かろやかに浮かび上がらせる作風を特徴とする。 2014年より一軒家やアパートを長期的に借りて創作・稽古・上演を実施する「家プロジェクト(uchi-project)」の活動を展開。一軒家を丸ごと使った観客移動型の群像劇『ヘイセイ・アパートメント』(第15回AAF戯曲賞ノミネート)や、アパートの一室で3ヶ月間に及ぶロングラン上演を実施し、俳優の週休3日制・ステージ数に基づいた報酬設定を取り入れるなど、既存の上演体制にこだわらない、柔軟で実験的試みを行なう。2016年にはアトリエ春風舎にて、チェルノブイリや福島での出来事を題材にした『テンテン』で約900人を動員。本作『フィクション・シティー』では、史上最年少にて芸劇eyes単独公演に選出されるなど、劇場での活動にも注目が集まる。

関連情報

関連サービス


ページトップへ