お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

日経ミューズサロン事務局 第468回日経ミューズサロン ハンガリー国立ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート

公演期間

2018年1月9日 (火)

会場

日経ホール

取扱チケット

全席指定(一般):3,800円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

日本歌曲の祭典のチラシ画像

日本歌曲の祭典

2017年12月20日 (水)

渋谷区立文化総合センター大和田

ピエール=ロラン・エマール ピアノリサイタルのチラシ画像

ピエール=ロラン・エマール ピアノリサイタル

2017年12月6日 (水)

東京オペラシティ コンサートホール

第607回名曲シリーズのチラシ画像

第607回名曲シリーズ

2017年12月20日 (水)

サントリーホール 大ホール

第203回日曜マチネーシリーズのチラシ画像

第203回日曜マチネーシリーズ

2018年1月7日 (日)

東京芸術劇場 コンサートホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 【プログラム】
J.シュトラウスII/
ワルツ「春の声」、オペレッタ「こうもり」より "乾杯の歌"
レハール/
オペレッタ「微笑みの国」より
"君こそわが心のすべて"、
オペレッタ「メリー・ウィドウ」より
"女、女、女のマーチ"
"ヴィリアの歌"
"ダニロ登場の歌"
"グリゼットの歌"
カールマン/
オペレッタ「チャールダーシュの女王」より
"ヨイ・ママン"
"踊りたい"
"女なんか"
"それが恋"
"シルビアの歌"、
オペレッタ「伯爵家令嬢マリツァ」より
"ヴァラシュディンへ行こう!"
ブラームス/ハンガリアン舞曲 第5番
ウェバー/
ミュージカル「オペラ座の怪人」より
メンケン/ミュージカル「美女と野獣」より
ほか
公演ホームページ http://www.nikkei-events.jp/concert/
出演 モーニカ・フィッシュル(ソプラノ) / シルヴィ・センディ(ソプラノ) / ジョルト・ヴァダース(テノール) / ペレル・カーロイ(テノール) / ラースロー・マクラーリ(指揮) / ハンガリー国立ブダペストオペレッタ劇場ダンサー&同劇場管弦楽団アンサンブル
スタッフ 主催: 日本経済新聞社 / 協賛: ファンケル
公演スケジュール <公演日>
2018年1月9日 (火)

<公演日・開演時間>
2018年1月9日(火)18:30開演
※上演時間 約2時間
チケット 前売:全席指定 一般3,800円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):3,800円
(税込)
会場 日経ホール
備考
団体概要 日本の新春にもすっかり定着した ニューイヤーコンサート。ハプスブルグ帝国の伝統を受け継いだハンガリーは、オーストリアとともに華やかなオペレッタ文化が根強く残り、今でもドイツ語、ハンガリー語の両方の言葉で毎日公演が行われるほど。ハンガリー国立ブダペストオペレッタ劇場の専属歌手4名とダンサーを迎え、音楽監督のラースロー・マクラーリの指揮と同劇場管弦楽団アンサンブルの演奏でお贈りします。歌あり、踊りあり、笑いあり。エキサイティングで楽しいコンサート。


●ハンガリー国立ブダペストオペレッタ劇場
ハンガリー最古のオペレッタ劇場で、カールマン、レハール、シュトラウスらのオペレッタだけではなく、ミュージカルも上演されている。シェーンベルクやリーヴァイは劇場と関わりの深いミュージカル作曲家。指揮者のラースロー・マクラーリは、リスト音楽院を卒業後ザルツブルクでカラヤンアカデミーを受講し、ニューヨークでバーンスタインに出会い、大きな影響を受け現在劇場の音楽監督。今回は日本でもお馴染みのソリストで来日回数の多い、ソプラノのモーニカ・フィッシュルとジョルト・ヴァダースは、ハンガリー国立歌劇場にも出演する実力派歌手。オペレッタの曲のソロやデュエットも彼らの美声に魅了される。アクロバティックな踊りと美声でオペレッタもミュージカルも歌いこなすソプラノのシルヴィ・センディとテノールのペレル・カーロイ。2人とも喜劇の歌手として多くの賞を取っている実力者だ。来日も数多い。オペレッタ「こうもり」より“乾杯の歌”やワルツ「春の声」など新春にふさわしい名曲の数々を披露する。

関連サービス


ページトップへ