お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

外国人向け体験・鑑賞プログラム 能「翁」-神々との邂逅

公演期間

2018年1月27日 (土)

会場

十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)

取扱チケット

一般:3,000円
学生:1,500円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

宝生夜能のチラシ画像

宝生夜能

2018年1月26日 (金) 〜2018年11月30日 (金)

宝生能楽堂

宝生会月並能(12月公演)のチラシ画像

宝生会月並能(12月公演)

2017年12月10日 (日)

宝生能楽堂

金春円満井会 特別公演のチラシ画像

金春円満井会 特別公演

2017年12月10日 (日)

国立能楽堂

神韻2018日本公演【西宮】のチラシ画像

神韻2018日本公演【西宮】

2018年4月28日 (土)

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 英語版公演紹介ページ<For English Page>

外国人の方々に、能楽を通して、神々の存在が日常に根ざした日本文化の源に触れていただける公演です。
ただの演劇とも儀式とも異なる、能楽特有の文化が内包されている「翁」の演目を本来の式楽形式に基づいて上演するとともに、日本の神々が題材である「絵馬 女体」の演目をご覧いただきます。また、普段客席からは見ることのできない祭壇での神事の体験や、終演後のバックステージツアーなども実施します。
公演ホームページ https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/events/19128/
出演 塩津哲夫友枝雄人山本泰太郎山本凜太郎大日方寛 / 他
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2018年1月27日 (土)

<公演日・開演時間>
01月27日(土) 13:30(12:30開場)

・開場・体験プログラム開始 12:30
・開演 13:30
・演能終了後 バックステージツアー
チケット 一般:3,000円
学生:1,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:3,000円
学生:1,500円
(全席指定・税込)
会場 十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)
備考 ※未就学児入場不可
※「翁」上演中の客席入場はご遠慮いただきます。
※演能中の撮影は禁止となっております。
※都合により、出演者等変更する場合がございます。
※車椅子席は喜多能楽堂にお申し込みください。
 [喜多能楽堂:03-3491-8813(10:00〜18:00/不定休)]
団体概要 [主催]アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
[助成・協力]東京都
[制作]公益財団法人十四世六平太記念財団
[企画協力]野上記念法政大学能楽研究所

公益財団法人十四世六平太記念財団

平成23年4月に内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受け、公益財団法人 十四世六平太記念財団と名称変更をいたしました。財団設立の当初より十四世喜多六平太記念能楽堂の維持運営業務を主に行ってきましたが、公益財団法人に移行してからは公益目的事業を拡充するため「喜多流自主公演」「喜多流青年能」の主催、またはワークショップや初心者向け公演など能楽の普及活動を行っています。

喜多能楽堂は明治25年喜多流能楽会(のち喜多会と改称)結成後、大山巌邸舞台の払い下げを受け、明治26年飯田町に喜多舞台(鏡板揮毫川辺御楯画伯)を建設したのがはじまりです。
明治初年よりの大正12年の関東大震災により舞台は焼失しましたが、昭和2年侯爵浅野家別邸能舞台の寄贈を受け、四谷に新たに喜多能楽堂(鏡板揮毫熊谷直彦画伯)を建設。その後昭和20年の東京大空襲で再び焼失はしました。
戦後の混乱期を乗り越え、昭和30年には現在の地に喜多能楽堂(鏡板揮毫 江崎孝坪画伯、前田青邨画伯監修)を再建しました。
武家政治崩壊後、退潮の兆しを見せていた能楽界の復興に大きく貢献し、また絢爛にして変幻な芸風で大衆を魅了した故十四世喜多六平太の功績を記念し、昭和46年、舞台の維持と後継者の養成・公演事業の展開等を目的として財団を設立されました。
これを契機に昭和48年には能楽堂を改築し、平成8年には見所関係の一部改修、また平成19年には舞台の若返りとして床板の張り替え工事を行い、現在に至っています。

関連サービス


ページトップへ